南アフリカランド・香港ドル相場・人民元の変動要因は?

南アフリカの主要産業・貿易等は?

南アフリカの主要産業・貿易等(2006年)は、次のとおりです。

 

■人口
・4,690万人

 

■主要産業
・畜産、とうもろこし、柑橘類、その他の果物、小麦、砂糖、羊毛、皮革類
・金、ダイヤモンド、プラチナ、ウラン、鉄鉱石、石炭、銅、クロム、マンガン、石綿
・食品、製鉄、化学、繊維、自動車

 

■失業率
・25.5%

 

■物価上昇率
・3.4%

 

■主要貿易相手国
・輸出:日本、イギリス、アメリカ、ドイツ、オランダ
・輸入:ドイツ、中国、アメリカ、日本、サウジアラビア

 

■主要貿易品目
・輸出:金、貴金属、鉱物製品、化学製品、食品、繊維製品、ダイヤ
・輸入:機械、自動車類、化学製品、科学機器、繊維製品、プラスティック、ゴム

 

■貿易額
・輸出:587億ドル
・輸入:686億ドル

南アフリカの植民地時代

南アフリカには、もともとは狩猟民族が住んでいました。

 

しかし、15世紀になると、バーソロミュー・ディアスが南アフリカの南端にある喜望峰に到着し、その後、1652年にオランダ東インド会社のヤン・ファン・リーベックがやってきて喜望峰を中継基地としたことがきっかけとなり、南アフリカはオランダの植民地になりました。

 

18世紀の終わりごろになると、イギリス人が金やダイヤモンドなどの鉱脈を狙ってやってくるようになり、19世紀に入ると、オランダから正式にイギリスに譲渡され、それ以後はイギリスの植民地となっています。

 

南アフリカの公用語が、現在でも英語であるのはこうした背景があるのです。

 

◆南アフリカの独立後
南アフリカは、1910年に独立していますが、その後は白人労働者保護のための人種差別法、鉱山・労働法が制定されたことによって、1990年代にアパルトヘイト政策が廃止されるまで、黒人差別が横行することになります。

 

しかし、現在はアパルトヘイトは廃止されましたので、法の下では平等になっていますが、現実にはまだ人種差別は根強く残っています。

 

ただし、マンデラ黒人政権成立後は比較的安定しているせいか、経済発展も目覚しく、現在では、ブラジル、ロシア、インド、中国などと並び、急成長が期待できる新興国として評価されています。

 

スポンサーリンク

南アフリカランドの特徴は?

近年、南アフリカは投資対象として注目を集めています。

 

日本では、南アフリカランド建て債券や外貨預金が人気を集めていたり、高金利通貨として、FXでスワップポイントを狙った投資にも活発になっています。

 

ちなみに、1998年以降の南アフリカの政策金利は、最も高い時で20%、最も低い時でも7%程度の水準と高金利です。

 

◆南アフリカランドの注意点は?
南アフリカランドは、スワップ金利が高いのが魅力ですが、値動きの激しい通貨ですので、投資する際には買うタイミングが重要になります。

 

値動きが激しいということは、短期で大きく損失を被る恐れもありますから、できるだけレバレッジを低くして投資することをおすすめします。

 

◆南アフリカランド/円のトレンドは?
南アフリカランド/円は、1970年代には、1ランド=300円以上をつけていました。

 

しかし、1990年代までは、アパルトヘイトや高失業率などさまざまな問題が嫌気されて、年々下落の一途をたどっています。

 

その後、1998年には20円台を割り込み、10円台という歴史的な安値圏で推移していました。

 

ただし、金などの鉱物資源が豊富なことや、高金利通貨であることから、個人投資家に人気があります。

 

◆クロス・レートとは?
クロス・レートというのは、ユーロ/ポンドなど米ドルを介さない通貨ペアのレートのことを指し、その取引自体をクロス取引といいます。

 

また、クロス円とは、クロス取引のうち、ユーロ円など米ドル以外の通貨の対円通貨ペアのことをいいます。

南アフリカランド相場の変動要因は?

南アフリカランド相場の変動要因としては、次のようなものがあります。

 

金相場の動向
・南アフリカランドは、豪ドルやカナダドルと同じように、資源国通貨の側面があるので、金相場の動向には注意が必要です。なので、ニューヨーク市場の金先物相場は、特に注目したいです。

 

周辺諸国の政情の影響
・南アフリカの政情は、アフリカの中では安定していますが、周辺諸国には政情が不安定な国が多いので、もし周辺国で政情不安が起こった場合には、それが南アフリカにも影響を与える可能性があります。つまり、質への逃避の際には資金が引き上げられる可能性があるということです。

 

社会問題
・失業や貧困、犯罪などの社会問題が相場の波乱要因となります。

 

南アフリカ経済は発展しているといっても、いまなお失業率は高く、1997年以降は常に20%を超えている状況です。

 

よって、今後も着実に経済発展を遂げていくためには、雇用情勢の改善が大きな課題となります。

 

◆南アフリカの買い材料は?
近年は、南アフリカの注目度が上がっていますが、この背景には一次産品の高騰があります。

 

また、南アフリカは世界一の金の産出国であるだけでなく、次の産出量も世界一となっています。

 

■プラチナ
■クロム
■バナジウム

 

上記に加えて、南アフリカはダイヤモンドなども有名で、金をはじめとする貴金属類は、南アフリカの総輸出額のおよそ4分の1を占めています。

 

なお、最近は、ワインの生産国としても注目されていますが、BMWやメルセデスベンツなどの生産地ともなっていて、日本からもトヨタや日産が進出しています。

 

ちなみに、2001年にはサッカーのワールドカップの開催国にもなっており、今後も成長が継続していくものと思われます。

香港の主要産業・貿易等は?

香港の主要産業・貿易等(2006年)は、次のとおりです。

 

■人口
・697万8,000人

 

■失業率
・4.8%

 

■物価上昇率
・2.0%

 

■主要貿易相手国
・輸出:中国、米国、日本、ドイツ、英国
・輸入:中国、日本、台湾、シンガポール

 

■主要貿易品目
・輸出:衣料品、電気機器および部品
・輸入:電気機器および部品、通信・音響機器、事務用機器・データ処理機

 

■貿易額
・輸出:2兆4,610億香港ドル
・輸入:2兆5,998億香港ドル

 

◆香港の正式名称は?
香港の正式名称は「中華人民共和国香港特別行政区」といい、香港は、ひとつの国のなかに社会主義と資本主義の2つの制度が並存している国です。

 

また香港は、高度な自治権を有している反面、外交と軍事は中国政府の管轄となっています。

 

◆植民地時代は?
香港は、1997年に中国に返還されるまでは、イギリスの植民地でした。

 

清の時代に広州が開港すると、1699年からイギリスの東インド会社などが来航するようになり、イギリスは次第に中国茶を大量に輸入するとともに、貿易代金決済のためにインドからアヘンを中国に輸入し始めました。

 

ここでアヘンの輸入を規制しようとする清とイギリスとの間で勃発したのがアヘン戦争です。

 

このアヘン戦争でイギリス軍が勝利したため、香港島はそれ以後イギリスが占領し植民地化されたのです。

 

◆香港返還後は?
返還後は、中国が香港の外交権と軍事権を掌握しましたが、基本的な社会制度の変更はなく、現在の一国二制度が採用されています。

 

また、通貨についても、一国二通貨となっていて、1983年に導入された米ドルとのドルペッグ制(1米ドル=7.8香港ドル)が中国返還後もそのまま維持されています。

 

ちなみに、2005年以降は、1米ドル=7.75〜7.85香港ドルの間の変動が認められましたが、これは小幅ですから、基本的に香港ドル/円相場というのは、ドル/円相場とほぼ同じような動きをすると考えてよいと思われます。

 

スポンサーリンク

香港ドル相場の変動要因は?

香港ドル相場の変動要因としては、米ドルと同じように、主に経済指標や要人発言などがありますが、香港ドル特有のものとして、次のようなものがあります。

 

中国株の動向
・香港市場で上場している中国株というのは、香港ドルで売買されているので、中国株の取引が活発になればなるほど、海外の投資家の取引需要増加が見込めることになります。
・こうしたことから、中国株式相場の上昇が、香港ドルの上昇要因となるケースがあります。

 

中国人民元の上昇
・中国人民元の上昇が、香港ドルの上昇要因となります。 ただし、2005年7月の切り上げ以降は、上昇を続けている中国人民元と比較すると変動幅は小さいものとなっています。
・ちなみに2007年1月には、香港返還後、初めて1香港ドルの価値が1元を下回っています。
・今後、人民元の信用力や流通量が高まると、香港ドルの評価も変わってくるかもしれません。

 

◆香港ドルの人民元連動
香港行政府長官は、「香港ドルを人民元に連動させることは検討の余地があるが、人民元が国際的に交換可能になることが条件」と述べていますので、将来的には、人民元との連動の可能性を示唆しているものと思われます。

 

いずれにしても、今後の人民元の動向が香港ドルに与える影響は小さくないといえます。

 

◆香港の経済は?
香港はアジアで、東京に次ぐ国際金融センターです。中国の1行政地区ではあるものの、1人あたりGDPはサミット諸国並みで、成長率もおよそ7%と高い成長率を誇っています。

 

◆香港の紙幣は?
国の紙幣というのは、通常は中央銀行が発行しますが、香港では次のような民間銀行が発券しているところが特徴的です。

 

■香港上海銀行
■中国銀行
■スタンダードチャータード銀行

 

なお、図柄は3行でそれぞれ異なるので、同額面、3種類ずつの紙幣が流通しています。

 

また、流通量は各銀行の外貨準備高に応じていて、最も多いのが香港上海銀行、次に中国銀行、スタンダードチャータード銀行の順になっています。

 

ちなみに、香港ドルにとって、将来的にも中国が一国二通貨制度を継続するのかどうかということは注目されるところです。

FX取引をするにの適した時間帯というのはありますか?

FX取引については、日本時間の17時くらいからが最適です。

 

といいますのは、17時というのは、外国為替取引の中心がロンドン市場に移って、様々な通貨が売買されているからです。

 

ロンドン市場というのは、世界で最も外国為替取引が活発に行われているマーケットなんですよ。

 

◆ニューヨーク市場はどうなのですか?
ニューヨーク市場も、取引高自体はロンドン市場に次いで世界第2位なので、やはり世界中の投資家が注目している時間帯といえます。

 

何と言っても、世界の基軸通貨は米ドルですし、日本時間の午後10時以降は、その米国において重要な経済指標が発表されたりもするからです。

 

ただし、ロンドン市場での取引が終了する午前3時を過ぎると動きが鈍ってきます。

 

ちなみに、午前6時台にはニュージーランドの経済指標が発表されますので、ニュージーランドドルを売買している人は、この時間にも高い関心を寄せているようです。

株式相場の取引時間は?

日本の株式市場は、平日の午前9時〜11時の前場、1時間半のお昼休みが入り、午後12時半〜3時の後場となっています。

 

つまり、株式の取引時間は、1日4時間半ということになります。

 

ちなみに、PTS方式による夜間取引を始めているところもありますが、証券取引所での取引は、あくまでも前場と後場となっています。

FXの取引時間は?

外国為替市場は、1日中取引が行われていますので、前場とか後場という区別がありません。

 

そもそも外国為替市場というのは、株式市場のような取引所があるわけではないので、その開いている時間内でしか取引できないという制約がないのです。

 

また、主に銀行同士が取引しているインターバンク市場では、東京市場だけでなく、欧州や米国など世界中のマーケットと、電話やパソコンを通じて取引されているので、国境という概念もありません。

 

このように、外国為替市場は24時間取引が行われていますので、東京市場やロンドン市場という呼び方についても、各国のビジネスタイムに応じて便宜的に使用されているにすぎないのです。

 

スポンサーリンク