トレール注文と自動売買注文〜/ストップロスオーダーとリミットオーダー〜/市場介入...

指値注文とは?

指値注文というのは、売買注文を出すときに価格を指定する注文方法です。 指値注文は、買いの場合には指値以下で、売りの場合には指値以上での注文となります。

 

また、指値注文で取引が即時に約定しなかった場合には、注文が約定するまで、または、注文の取消しをするまで、もしくは注文の有効期間になるまでの間は、有効な注文として市場に注文は残ります。

トレール注文とは?

トレール注文というのは、為替相場の値動きに応じて、逆指値注文のレートを自動修正する方法のことをいいます。

 

◆成行注文とは?
成行注文(なりゆきちゅうもん)というのは、リアルタイムのレートで注文を成立させたいときに行う注文方法のことをいいます。

 

◆自動売買注文とは?
自動売買注文というのは、あらかじめ売買レートを指定して注文しておき、為替相場が指定されたレートに推移した場合に、自動で売買される注文方法のことをいいます。

市場介入とは?

◆市場介入とは?
市場介入というのは、中央銀行が為替レートを維持または動きを変えるためにインターバンク市場において取引に加わることをいいます。

 

◆証拠金とは?
証拠金というのは、外国為替証拠金取引(FX)において損失が発生した場合にも決済の履行が確保されるように、取引前に差し入れる保証金のことをいいます。

 

証拠金は、保証金、預託金ともいいます。

 

◆GTCとは?
GTCは、Good Till Cancel の略です。GTCというのは、無期限の指値のことで、注文を取り消すまで有効となります。

 

◆スプレッドとは?
スプレッドというのは、売値と買値の価格差のことをいいます。

 

◆ストップロスオーダーとは?
ストップロスオーダーというのは、損失を一定限度で抑えるために、一定の損失金額でポジションを決済するための注文のことをいいます。

 

◆追加証拠金とは?
追加証拠金というのは、追証のことです。追加証拠金は、手仕舞いのことで、ポジションを決済して取引を終了することです。

 

◆執行基準価格とは?
執行基準価格というのは、注文が執行される価格のことをいいます。

 

◆許容スリップとは?
許容スリップというのは、注文価格と約定した価格とのスリッページ(ズレ)を、どこまで許容するのかを設定することをいいます。

 

なお、スリッページは、相場が急変動したときなどに発生しやすいです。

 

スポンサーリンク

スワップとは?

スワップは、スワップ金利、スワップポイントとも呼ばれます。スワップというのは、2国間の金利差のことをいいます。

 

金利の高い通貨を買い、金利の低い通貨を売ると、そのスワップ(金利差分)を受け取ることができます。

 

よって、日本円に対して、日本円よりも高金利の通貨の買いポジションを保有している場合には、高金利通貨の金利と日本円金利との差をスワップとして受け取ることができます。

 

逆に、高金利通貨を売って、日本円の買いポジションを保有している場合には、その金利差を支払う必要があります。

 

◆建玉とは?
建玉は、“たてぎょく”と読みます。建玉というのは、ポジションともいい、売買を行った後、決済を行っていない通貨や数量などの状況のことをいいます。

 

また、買っている状況を買建玉、売っている状況を売建玉といいます。例えば、米ドルを10万ドル買っている場合には、ドルの買建玉を10万ドル分保有していると表現します。

 

◆T−BONDとは?
T−BOND(Treasury Bond)というのは、米国長期国債(通常は30年債)のことをいいます。

 

◆Offerとは?
Offer(オファー)というのは、外貨を取引しようとする側の買値のことをいいます。

 

◆GTCとは?
GTC(Good till Cancel)というのは、無期限の指値注文のことをいい、注文が取り消されるまでは有効期限が継続されます。

成行注文とは?

成行注文というのは、売買価格を明示せずに、数量のみを指定して注文を発注し、そのときの市場価格で、即時に注文を約定させる注文方法のことをいいます。

 

成行注文は、指値注文よりも優先して売買が成立しますが、相場変動が大きいときには、予想外の価格で売買が成立することもあり注意を要します。

 

◆値洗いとは?
値洗いというのは、保有しているポジションを、現在のレートで決済したと仮定した場合に発生する損益のことをいいます。

 

◆反対売買とは?
反対売買というのは、ポジションに対して反対の売買を行うことをいいます。

 

具体的な反対売買としては、買いポジションを転売、または売りポジションを買い戻して取引を終了させることです。

 

ちなみに、買いポジションを決済することを転売、売りポジションを決済することを買い戻しといいます。

 

◆デモ取引とは?
デモ取引というのは、あらかじめ提供された仮想の証拠金を利用して、実践に近い取引が行えるFX会社のサービスのことをいいます。

 

◆もみ合いとは?
もみ合いというのは、相場が一定のレンジ内で何度も細かい上下動を繰り返して、方向性が決まらない状態のことをいいます。

 

◆ボックス圏とは?
ボックス圏というのは、狭い箱の中だけで動いている様相から付けられたテクニカル分析の用語の1つで、具体的には、価格が一定の範囲内での上下動に終始して、それよりも上下に変動しないことをいいます。

 

◆日計りとは?
日計り(ひばかり)というのは、デイトレードともいいますが、建てたポジションを同日に決済することをいいます。

 

◆分別管理とは?
分別管理というのは、顧客が取引所為替証拠金取引を行うために、為替取引業者に預託した証拠金を、業者の資産と切り離して管理することをいいます。

ポジションとは?

ポジションというのは、建玉ともいいますが、決済していない持ち高のことをいいます。ポジションは、売買を行った後、決済を行っていない通貨や数量などの状況のことです。

 

ちなみに、買っている状況を買いポジション、売っている状況を売りポジションといいます。

 

◆ヘッジとは?
ヘッジというのは、為替や商品など将来の不確定なものに対する価格変動によるリスクを、金融商品等を使用して回避することをいいます。

 

◆ヒゲとは?
ヒゲというのは、始値や終値から上下にのびた線のことをいいます。ちなみに、高値までのヒゲは「上ヒゲ」、安値までのヒゲは「下ヒゲ」といいます。

 

◆寄引同時線とは?
寄引同時線(よりひけどうじせん)というのは、寄り付き(始値)と引け値(終値)が同じで上下にヒゲのあるローソク足のことをいいます。

 

◆日足とは?
日足(ひあし)というのは、ローソク足の1日の値動きを表す期間単位のことをいいます。ちなみに、そのほかにも、分単位で表す「分足」、週単位で表す「週足」、月単位で表す「月足」、年単位で表す「年足」などがあります。

 

◆ボラティリティとは?
ボラティリティというのは、変動率で市場価格の動きを示す統計数値です。大きく動く相場をボラティリティが高いといいます。

 

◆約定とは?
約定(やくじょう)というのは、買いまたは売りの注文が成立することをいいます。

 

◆リクイディティとは?
リクイディティというのは、流動性のことです。ちなみに、市場参加者が多く、売買したいときにいつでもすぐにその時の気配値で取引ができることをリクイディティがあるといいます。よって、一般に通常取引する為替取引は、リクイディティがあるといえます。

 

◆両建てとは?
両建てというのは、同じ通貨の買いポジションと売りポジションを同時に持つことをいいます。

 

スポンサーリンク

外国為替の動向は実需のみでは説明できない理由とは?

世界的に見ますと、現在では実需を伴う外国為替取引の割合というのは非常に少なくなっています。

 

具体的には、世界の外国為替取引の90%以上が投機・投資目的の取引で、その残りが実需を伴う取引であるといわれています。

 

これについては、IMF(国際通貨基金:International Monetary Fund)の2006年度統計によれば、1年の世界貿易取引額は12兆ドル(およそ1440兆円、1ドル=120円換算)であるのに対して、BIS(Bank for International Settlement:国際決済銀行)の2007年度統計によれば、1日の外国為替取引量は3兆2000億ドル(およそ384兆円)となっています。

 

つまり、これは世界貿易取引高1年分というのは、外国為替取引量の4日分ほどしかないということであり、投機・投資目的の取引がいかに多いのかということが、統計資料からも垣間見ることができます。

 

このような背景がありますので、外国為替の動向について実需のみで説明することについて限界があるといえます。

リミットオーダーとは?

リミットオーダーというのは、指値注文のことです。リミットオーダーは、現在のレートより低い金額での買い注文、または高い金額での売り注文に使います。

 

◆レバレッジとは?
レバレッジというのは、てこの原理と同じように、少額資金で大きな取引を行うことをいいます。

 

◆ロスカットとは?
ロスカットというのは、為替の変動によって、評価損が必要証拠金に対して一定の比率※を超えたときに、取引されているポジションを自動的に決済することをいいます。

 

※ロスカットレベル

ワンキャンセルアザーとは?

ワンキャンセルアザーはOCO注文のことです。

 

ワンキャンセルアザーというのは、2つの注文を合わせて出し、一方が成立したらもう一方がその時点で自動的にキャンセルされる注文のことをいます。

 

◆市場介入とは、どのようなものですか?
日本では、政府・日銀による市場介入が、2004年上旬まで行われていました。

 

これは、当時は、景気が低迷していたこともあり、主として日本の輸出企業の業績を維持することを目的としていました。

 

◆実質GDPとは?
実質GDPというのは、インフレやデフレの影響を排除して推計したGDPのことをいいます。

 

GDPや貿易収支は、どちらも内外の資金の流れに関連する指標ですので、為替相場への影響も大きいといえます。

 

ちなみに、インフレやデフレの影響を排除しないものは「名目GDP」といいます。なお、デフレ期には、名目GDPがマイナスでも、実質GDPがプラスになることもあります。

FX(外国為替証拠金取引)という金融商品の特徴は?

FX(外国為替証拠金取引)というのは、外貨の売買によって利益を得る金融商品のことです。

 

株式と同じで、外貨のレートも毎日変動していますので、この動きを上手く捉えて、安く買って高く売る、または、高く売って安く買う、ことによって稼ぎます。

 

といっても、あまり難しく考える必要はありません。海外旅行や海外出張に行く際に、外貨の両替をすると思いますが、そのときに為替のレートを気にするのと同じことです。

 

つまり、安く外貨に交換し、その後レートが動いて、円に戻す時に高く円に交換できれば、その差額分が儲けになるわけです。

 

ちなみに、安く仕入れて、高く売るのは商売の基本ですが、FXの場合は、売買する商品がモノではなくて、外貨であるというだけです。

 

なお、海外の通貨は、日本の利子よりも高いので、外貨を買うと差額分の利子ももらえます。

 

これについては、外貨預金で高金利の利子がもらえるのと基本的には同じことです。

 

スポンサーリンク