人民元の切り上げ/ECBとFRB/外国為替のレートと注文方法...

人民元の切り上げについて

人民元の切り上げは、2005年7月21日に行われ、その際、対ドルに対して、2%の切り上げが実施されました。

 

同時に、ドル・ペッグ制から通貨バスケット制※に移行しましたが、将来的には、変動相場制に移行することが期待されています。

 

※通貨バスケット制というのは、ユーロや円など複数の通貨からなるバスケットにペッグさせる制度のことです。

人民元問題とは?

人民元問題というのは、中国の通貨である人民元が不当に安く抑えられているために、他国が貿易収支で不利益を被っているという考えのことをいいます。

 

中国は2005年7月21日まで、人民元と米ドルのレートは、固定相場制(ドル・ペッグ制)でした。つまり、1ドル=8.2765元程度でほぼ固定していたのです。

 

なので、人民元が高くなりそうになると、人民元が高くなるのを防ぐために、中国当局がドル買い・元売り介入を繰り返していました。

 

一方、中国経済は急成長と遂げていて、割安な人件費を背景として世界中に商品を輸出しています。当然ですが、輸出をする際には、人民元が安い方が有利です。

 

輸入業者は通貨高のほうが有利であり、輸出業者は通貨安の方が有利だからです。

 

つまり、近年の中国は、通貨安という有利な立場で世界中に商品を売り、経済成長してきたということがいえるのです。

 

これに対して、米国の貿易赤字は過去最高を更新しています。

 

このような状況に対して、米国が「中国の人民元は安いので、通貨を切り上げて高くしてくれ」という不満をぶつけたものが、この人民元問題ということなのです。

 

スポンサーリンク

クリック365のメリットは?

クリック365は、他商品である次のような取引で発生した損益を合算して、課税申告することができます。

 

■日経平均先物などの取引所有価証券先物取引
■金先物などの取引所商品先物取引

 

つまり、日経平均先物で損をしていれば、税金が安くなる可能性があるということです。

 

また、クリック365で損をした場合には、翌年以後3年間にわたり、雑所得などの金額から繰越控除ができます。

 

これは、今年、税金の控除額以上の損をした場合には、それは繰り越され、来年利益が出たとしても、繰り越された損益を合わせて計算し、次の年に支払う税金が安くなる可能性があるということです。

 

なお、こうしたメリットは、相対取引でのFXでは考慮されません。

 

◆クリック365の人気は?
クリック365のスタート時は低調なものとなり、初日のドル円の売買高はわずか26万ドルにとどまったようです。

 

現在、FXの取引業者は300社を超えると言われていますが、参加したのはわずかに5社のみで、2005年9月末でも7社程度でした。

 

この低調な理由としては、相対取引で人気や実績のあるFX業者が参加を見送ったことが大きかったようです。

 

また、取引通貨がドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリア・ドル円の4種類しかなかったことも不人気の理由の1つとなったようです。

 

さらに、スタートした2005年7月は、改正金融先物取引法が施行された日でもあり、相対取引の信頼性が高まっていることが背景としてあったということもいえるでしょう。

 

そして、相対取引では、手数料完全無料の取引業者が存在するのに対して、クリック365に参加しているFX業者では手数料が必要になるということも弱点になったようです。

 

このように、クリック365は税制上のメリットを打ち出しつつも、低調なスタートとなったのですが、その将来性については未知数です。

 

よって、FX会社を選択する際には、取引所でのFXと相対取引でのFXの違いをしっかり理解したうえで、選ぶことが大切です。

外国為替市場の「市場」とは?

外国為替市場といっても、証券取引所や商品取引所のような、物理的な取引所が存在しているわけではありません。

 

といいますのも、実際には、EBS(電子ブローキング・システム)の画面上で、全体の90%以上の取引が行われているからです。

 

なお、外国為替市場は、各銀行が電話やその他の通信手段を利用して、相互に価格を提示しながら取引を行う「オープン市場」というのが原則となっています。

 

◆外国為替市場と株式市場の価格の相違は?
株式市場では、その瞬間に証券取引所で取引された価格が唯一の価格となります。

 

一方、外国為替の世界では、銀行の当事者同士が相対で、お互いに納得する価格を決めますので、世界中で複数の価格が存在することになります。

 

例えば、QUICKやロイターなどの様々な情報ベンダーが配信する為替レートが、それぞれ違うというのは、こうした理由からなのです。

 

◆アービトレージとは?
アービトレージというのは、商品の異なる時間、異なる地域における価格のさや(売値と買値の差)で利益を得る取引のことをいいます。

 

◆インターバンク市場(銀行間取引)とはどのようなものですか?
従来、外国為替というのは、「為銀(ためぎん)主義」と呼ばれる外国為替公認銀行のみに許可されていた取引でした。

 

ちなみに、銀行の店頭には必ず「外国為替公認銀行」という看板がありました。

 

これらの銀行を中心に外国為替市場が構成され、それが「インターバンク市場(銀行間取引)」と呼ばれることになったのです。

 

◆外為法の改正とは?
1998年に外為法が改正されました。これにより、為替取引は原則として自由化され、為銀主義はなくなりました。

 

とはいえ、依然として外国為替市場では、銀行を中心に取引が行われています。

 

なお、個人投資家が手軽に外国為替市場に参加できる通貨証拠金取引の登場により、この取引を手がける事業者も入り交じるようになってきています。

 

なかには、悪徳事業者もありますので、十分注意したいところです。

IFD注文とは?

IFD注文のIFDは、If Done の略です。このIFD注文は、1次オーダーが成立したら、次のオーダーを有効にする注文方法のことです。

 

◆IFO注文とは?
IFO注文とは、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。このIFO注文では、IFDによるある価格でポジションを保有すると、その後OCOによる決済注文が出されます。

 

◆相対取引とは?
相対取引というのは、売り手と買い手が1対1で直接取引きをすることをいいます。

 

◆IB(International Broking)とは?
IBは、外国為替市場において、国際間の取引の売買注文を仲介することをいいます。

 

◆IB(Introducting Broker)とは?
IBは、外国為替紹介会社のことです。つまり、IBは、大手の為替取引会社と契約を締結し、実際の取引業者と顧客の橋渡しをする会社といえます。

 

◆OCOとは?
OCOは、One cancels the order の略です。このOCO注文は、どちらかが成立すると、もう一方が自動的に取り消される注文方法です。

 

OCOなら、利益確定と損益限定の注文を同時に出すことが可能です。

 

◆オーダーとは?
オーダーというのは、外貨の売買注文、いわゆる指値注文のことをいいます。

 

◆OTCとは?
OTCは、Over The Counter の略で、取引所を通さずに行う相対取引のことです。なお、取引所を介さない取引全般をOTCと呼びます。

 

スポンサーリンク

外国為替市場が眠らないマーケットと言われるのはどうしてですか?

世界の外為市場は、日本時間の早朝、まずニュージーランドのウェリントン市場で始まります。

 

その1時間後には、オーストラリアのシドニー市場が開き、それが東京市場に移行し、さらに、マーケットの中心はアジア市場へと移行していきます。

 

その後、ヨーロッパのユーロ圏を中心とするロンドン市場へと移行し、日本時間の夜中頃にはニューヨーク市場が開き、為替レートが大きく変動する時間帯を迎えることになります。

 

そして、日本時間の早朝になると、ニューヨーク市場から再度ウェリントンへとマーケットは戻っていきます。

 

このように、外国為替市場というのは、週末や祝日以外は1日中常に変動しています。

 

これが、24時間、常に世界のどこかで取引が行われている眠らないマーケットと言われる所以です。

 

◆FXと外貨預金の取引時間による違いはありますか?
FX(外国為替証拠金取引)の取引業者の取引時間というのは、日本時間の月曜日早朝7時から、ニューヨーク時間の金曜日の午後5時※までです。

 

ちなみに、この時間帯は、銀行の為替担当者が取引を行っている時間と全く同じものです。

 

このように、FXは、インターネットやコールセンターを通じて、インターバンク市場にもとづいたレートにより、24時間リアルタイムに取引できるのが特徴です。

 

一方、外貨預金ですが、こちらは、銀行が為替レートを提示するのは1日1回ですので、常時変動する為替相場には対応できません。

 

※日本時間の土曜日午前7時です。ちなみに、米国夏時間には、土曜日午前6時です。

アウトライトとは?

アウトライトというのは、利ざやを目的として先物予約取引や直物取引を行い、価格の上昇(または下落)のみによって利益を追求する取引を行うことをいいます。

 

◆アク抜けとは?
アク抜けというのは、相場にとって下げ要因が出尽くして、相場が落ち着きを取り戻すことをいいます。

 

◆アスクとは?
アスク=Askのことで「オファー(Offer)」ともいいます。アスクは、市場で提供する側(FX取引業者)の売値のことをいいますが、これは、投資家にとっては買値になります。

 

◆アマウントとは?
アマウントというのは、外国為替取引の取引量(金額)のことをいいます。

 

◆イニシャルクレームとは?
イニシャルクレームというのは、失業保険新規請求者数のことです。このイニシャルクレームは、インフレ先行指数の1つになります。

ECBとは?

ECBというのは、European Central Bank の略で、欧州中央銀行※を根拠法として、1998年6月1日に設立された欧州中央銀行のことです。

 

このECBは、ユーロの政策を決める機関です。なお、本部はフランクフルトにあります。

 

※欧州共同体設立条約の付属議定書

 

◆FRBとは?
FRBというのは、Federal Reserve Board の略で、連邦準備制度理事会のことです。中央銀行そのものを指す場合もあります。

 

このFRBは、1913年の連邦準備法(Federal Reserve Act)を根拠法として設立された米国の中央銀行制度の最高意思決定機関です。

 

◆FF金利とは?
FF金利は、Federal Open Rate の略で、米国の代表的な短期金利のことをいいます。このFF金利は、金融政策の誘導目標金利になっています。

外国為替のレートは?

外国為替には、そのときの中心的なレートというのは存在するのですが、実際の取引をいくらで約定するのかについては、常に当事者間での契約になります。

 

なので、FXを行う個人投資家は、しっかりしたFX会社を選択することが非常に重要になってきます。

 

これは、FX会社が提示しているレートがマーケットの中心レートから、かなり乖離している場合には、取引が不利になるからです。

 

たとえ、手数料が安くても、売買時のレートが投資家側にとって不利である場合には、最終的に利益を上げることは難しくなります。

 

また、仮に新規建て玉をするときのレートは、マーケットの中心レート並みであっても、ポジションを決済する時のレートがマーケットからかけ離れたものであれば、同様に利益を上げることは難しくなります。

 

さらに、為替レートはマーケットの中心レート並みであっても、スワップポイントが投資家にとって不利になっている場合も同様です。

 

◆FXとは?
FXは、Foreign Exchange の略で、外国為替、あるいはその取引のことをいいます。なお、FXは、Forex(フォレックス)とも呼ばれます。

 

◆EBSとは?
EBSは、Electronic Broking System の略です。

 

EBSというのは、売買注文を直接端末(パソコン等)に入力することによって、直接為替取引の注文ができるコンピュータ・システムのことをいいます。

 

スポンサーリンク