オーストラリア・ドルとニュージーランド・ドルの値動き/中国人民元と円高との関係〜

オーストラリア・ドルの特徴は?

オーストラリア・ドルは、1980年代後半には10%を超える預金金利があったことでも知られている代表的な高金利通貨です。

 

日本人の保守的な資産運用にもマッチしているためか、当時からオーストラリア・ドルへの投資は人気が高かったようです。

オーストラリア・ドルの値動きは?

オーストラリア・ドルの基本的な値動きは、アメリカの経済状況や金融政策に影響を受けると言われています。

 

ただし、2000年以降は、欧米のヘッジファンドの動きが相場に大きな影響を及ぼしていると言われています。

 

2000年3月頃まで、オーストラリアからアメリカの資本が引き上げられ、また、ユーロ安の影響も受けたために、オーストラリア・ドルは、ドルや円に対して下落を続けました。

 

その後、2002年以降は、アメリカの金融緩和、ユーロ市場の上昇などを背景にオーストラリア・ドルは上昇に転じています。

 

ちなみに、2004年2月には、AUD/円は85円を突破し、その後、一時75円付近まで下落するものの、2005年には反発して86円を突破しています。

 

◆オーストラリア・ドルの買い材料は?
オーストラリア・ドルの明るい材料としては、将来的に、アジア地域との貿易機会の拡大によって、オーストラリア経済の継続的な成長を促すという見解があります。

 

また、オーストラリアは資源国ですので、金や鉄鉱石などが豊富です。2005年に入ってからの原油高も、オーストラリア経済にはプラスの影響を与えています。

 

◆オーストラリア・ドルのリスク要因は?
オーストラリア・ドルのリスク要因としては、アメリカの利上げが継続的に行われ、金利差が縮小した場合には、オーストラリア・ドルが売られる可能性があることがあげられます。

 

また、スワップ金利を目的に安易にオーストラリア・ドルを買うのはリスクが大きいと言わざるを得ません。

 

といいますのも、実際、1997年から2000年にかけて、オーストラリア・ドルを買っていたとしたら、金利は受け取れますが、為替変動により資金を減らすことになっているからです。

 

同様のことは、サブプライムショック後の2008年にもいえます。

 

2008年7月末には104円台を付けていましたが、その年の10月には55円台前半まで急落し、わずか3か月足らずで50円近くも暴落しています。

 

オーストラリア・ドルの人気は今後も続くと思われますが、買い時は間違えないようにしたいところです。

 

◆オーストラリアの特徴は?
オーストラリアは、オセアニアの代表的な国家ですが、その特徴は次のとおりです。

 

■主要産業
・オーストラリアの主要産業は、不動産や金融サービス業ですが、旅行業も盛んです。
■GDP
・GDPは7886億豪ドル(2003年度)です。
■面積
・面積は、およそ770万kuで、アラスカを除いた米国とほぼ同じくらいです。ちなみに、日本のおよそ20倍です。
■人口
・人口はおよそ2,000万人です。
■人種
・アングロサクソン系等欧州系人が中心となっています。

 

スポンサーリンク

ニュージーランド・ドルの特徴は?

ニュージーランド・ドルは、オーストラリア・ドルとよく似た動きをすることが多い高金利通貨です。

 

これは、地理的にもニュージーランドとオーストラリアは最も近く、最大の貿易国となっていることがその要因です。

 

◆ニュージーランド・ドルの値動きは?
ニュージーランド・ドルは、2000年秋には、ユーロ安を背景にして、NZD/円は43円までNZD安が進みました。

 

しかしながら、2001年秋以降、日本政府による大規模な円売り介入が継続的に実施されると、NZD/円は反転し、2004年3月には、対円で76円まで上昇しました。

 

その後、2005年に入っても上昇トレンドは変わらず、78円を突破しています。

 

◆ニュージーランド・ドルの買い材料は?
ニュージーランド・ドルの明るい材料としては、次のようなことがあげられます。

 

■今後中国を中心にアジア市場への輸出を拡大するであろうということ。
■オーストラリアとの単一市場の構築を目指していること。

 

これらにより、ニュージーランドの貿易赤字と経常赤字が縮小に向かっていけば、ニュージーランドの買い材料となります。といっても、ニュージーランドは、オーストラリア次第ともいえます。

 

◆ニュージーランド・ドルの懸念材料は?
ニュージーランド・ドルの最大の懸念材料としては、同国の慢性的な貿易赤字と経常赤字があげられます。

 

財政破綻をする可能性は低いとされていますが、将来的なニュージーランド・ドルの下落の要因となりそうです。

 

ちなみに、ニュージーランド政府の発行する債券のおよそ50%は外国人投資家が保有しています。

 

◆ニュージーランドの特徴は?
ニュージーランドは、英国自治領であったこともあり、イギリスの影響が大きい国家ですが、地理的にオーストラリアとの関係も深いです。また、その特徴は次のとおりです。

 

■主要産業
・主要産業は、畜産を中心とする生産性の高い農業です。
■GDP
・GDPは、およそ800億米ドル(2004年度)です。
■面積
・面積は、およそ27万kuで、日本のおよそ4分の3です。
■人口
・人口はおよそ400万人で、日本の30分の1です。
■人種
・アングロサクソン系および先住民マオリ系です。
■言語
・英語です。

中国人民元(CNY、RMB)・CICとは?

中国人民元(CNY、RMB)というのは、中華人民共和国で発行されている通貨のことです。

 

CNYは、Chinese Yuan(中国人民元)の略であり、RMBは、Ren Min Bi(人民幣:レン民ビー)の略です。近年、中国人民元は、為替相場でも注目されるようになってきています。

 

◆中国人民元と円高との関係は?
中国人民元は、2005年7月に、およそ2%幅の切り上げを行い、これにより、それまでの固定相場制から、通貨バスケット制に移行しています。

 

また、一時期、中国人民元の切り上げ問題は、ドル安・円高材料となっていましたが、最近は徐々に顕在的な影響力は小さくなっています。

 

◆中国投資有限責任公司(CIC)とは?
中国投資有限責任公司というのは、2007年に設立された、中華人民共和国の政府系ファンドのことです。

 

中国投資有限責任公司では、世界一ともいわれる同国の外貨準備資金を有効に活用するため、主として海外の金融組合せ商品の取引を行っています。

 

◆中国投資有限責任公司(CIC)の設立の目的は?
かつて、中国の外貨準備資産というのあ、安定性を優先して、主として米国債に投資されてきました。

 

しかしながら、米国の景気が減速したことや、各方面でドル離れが進んでいることを背景として、戦略的な外貨準備の運用が必要になってきたことが、このCIC設立の目的です。

ヘッジファンドとはどのようなファンドですか?

ヘッジファンドというのは、投資家から資金を集め、それを為替や株式、商品、債券等の市場で運用し、その利益を出資者に還元することを目的としたファンドのことをいいます。

 

ヘッジファンドは、高利益の追求を第一の目的とし、豊富な資金力を元にして積極的な売買を行います。なお、ファンドを運営する企業自体のことを指す場合もあります。

 

◆ヘッジファンドと一般的なファンドとの違いは?
一般的なファンドというのは、誰でも出資可能な「公募ファンド」ですが、ヘッジファンドの方は、限られた投資家のみが出資できる「私募ファンド」である点が異なります。

 

ヘッジファンドの動きは相場に影響を与えることが多いので、常に市場参加者から注目されています。

 

スポンサーリンク

RBAとは?

豪州準備銀行(RBA)というのは、オーストラリアの中央銀行のことです。原則として第1火曜日から2日間、毎月開催する金融政策会議において、政策金利を決定します。

 

なお、政策金利は、キャッシュ・ターゲットです。

 

ちなみに、これまでRBAは、好景気とインフレ観測で断続的な利上げを実施してきた結果、豪ドルは世界有数の高金利通貨となっています。

テマセク・ホールディングスとは?

テマセク・ホールディングスというのは、シンガポールの政府系ファンドのことです。ちなみに、テマセクというのは、シンガポールの古い呼び方です。

 

テマセク・ホールディングスは、政府系企業の上場や株式の売却益、配当などを資金源として、国内のみならず、アジアを中心に投資を行っています。

 

テマセク・ホールディングスは、日本では、三井生命やイー・モバイルなどへの数百億円の投資をはじめ、積極的な投資活動を行っています。

 

◆政府系ファンド(SWF)とはどのようなファンドですか?
政府系ファンド(SWF)というのは、政府が国家資産運用の目的で設立したファンドのことです。

 

この政府系ファンドは、国家を後ろ盾に巨額な資金を抱えていることから、市場においても注目の存在となっています。

 

◆政府系ファンド(SWF)の種類は?
政府系ファンドには、次の2種類があります。

 

外貨準備型
・主に貿易黒字によって積み上がった外貨準備を資金源としています。
・中国の「中国投資有限責任公司」やシンガポールの「シンガポール政府投資公社」などがあります。
オイル(コモディティ)マネー型
・石油や天然ガス等の販売収入を資金源としています。
・UAE(アラブ首長国連邦)の「アブダビ投資庁」や「ドバイ・インターナショナル・キャピタル」などがあります。

ドルペッグとは?

ドルペッグというのは、自国の通貨レートをドルに連動させる固定相場制度のことをいいます。ちなみに、ペッグ(peg)の意味は、「連動させる」とか「くぎづけにする」というものです。

 

ペッグ制というのは、経済基盤に乏しい国が経済的につながりの深い国の通貨と自国通貨を連動させることをいいます。

 

なお、固定相場制には、ペッグ制だけでなく、次のようなものもあります。

 

■通貨パスケット制 ⇒ 複数通貨との連動をはかるものです。
■管理フロート制 ⇒ 為替レートを為替市場の動きに任せるものの、政府・中央銀行が常時介入して為替レートを管理するものです。

 

◆ドルとは?
一般的に「ドル」といった場合には、米国が発行する米ドルのことをいいます。

 

なお、その他の国が発行するドルとしては、豪ドル、ニュージーランドドル、香港ドル、シンガポールドルなどがあります。

FXトレードで勝つとはどういうことですか?

FXトレードで勝つというのは、儲けを残すことです。つまり、一回一回のトレードで勝ったり負けたりを繰り返す中で、最終的に儲けが残っていればよいのです。

 

◆儲けを残すには?
まず、最初に勝率を上げることが思いつきます。

 

トレードの本などを読みますと、勝率の目標は7割とか8割などと書かれていますが、実際これだけの勝率を上げるのは至難の業といえるのではないでしょうか。

 

トレードをしていると、勝率は6割もあれば十分で、場合によっては5割でも十分のような気もします。

 

5割で勝てるのかと疑問に思われるかもしれませんが、「勝つときは大きく、負けるときは小さく」ということが重要になります。

 

仮に、勝ったときに利食い幅が負けたときの損失額の3倍だとすると、勝率が5割であったとしても、かなりの利益を残すことが可能です。

 

ただし、相場で儲けを残す基本というのはこれだけですが、実際に実行しようとすると非常に難しいということがよくわかると思います。

 

しかし、これを実行しないことには、勝利を手にすることはできません。

 

よって、あらかじめ利食いとロスカットの割合を決めておき、それに忠実に従うことが大切になってきます。その際、負けを認めるという心がけが大切になることは言うまでもありません。

トレンドとは?

トレンドというのは、わかりやすく言うと、為替相場の動く方向のことをいい、上昇・下降・横ばいという3つの状態によって為替相場を予測する手法のことです。

 

チャートの動きは一見すると複雑に動いているように見えますが、そこには明確な山(高値)と谷 (安値)が存在し、その山(高値)と谷(安値)の方向がトレンドを形成しています。

 

◆上昇トレンドと下降トレンドとは?
最初の山(高値)より次から次へと形成される山(高値)の方が、どんどん高く(高値更新)なっていけば、これは上昇トレンドとなります。

 

逆に、最初の谷(安値)から次々と形成される谷(安値)の方が、どんどん深く(安値更新)なっていけば、これは下降トレンドとなります。

 

そして、相場というのは、いったんトレンドが形成されると、しばらくは一定の方向に動く習性があり、さらにその状態を維持しようとする力が加わります。

 

また、その力が強ければ強いほど、短期から中期、中期から長期へと続いていきます。

 

そこに生まれるのがトレンドラインと呼ばれるものです。トレンドラインというのは、ある一定方向に動く安値と安値、高値と高値を結んで、長期的な価格の動きを見るためのラインです。

 

このトレンドラインに確実に乗っていくことができれば、FXで利益を上げることはそれほど難しいものではなくなりますので、常にトレンドラインは意識するようにしてください。

 

なお、明確なトレンドラインが形成されると、オシレーター系のチャートは機能しない場合がありますので注意してください。

 

スポンサーリンク