FXが外貨預金より優れているわけ〜/デイトレードに最適な時間〜

金融先物取引法の改正とは?

2004年12月8日に公布された「金融先物取引法の一部を改正する法律」が、2005年7月1日から施行されました。

 

これによって、外国為替証拠金取引(FX)についても金融先物取引と定義され、新たな規制の対象になりました。

 

つまり、FX取引業者が金融庁の管理を受けることになったということです。

 

具体的な禁止事項としては、勧誘の要請をしていない顧客に対して、業者が訪問や電話による勧誘をしてはならないことなどがあります。

 

この影響もあって、2005年7月以降十数社の業者が倒産しています。

金融先物取引法の改正と行政処分の影響は?

金融先物取引法の改正が行われた直後の2005年10月の時点で、ウェストミンスターやグランリッツなど14社の取引業者が行政処分を受けています。

 

その多くの取引業者はPRC系でした。

 

日本は法整備が遅れていたため、一部のずさんな取引業者を生んでしまったといえますが、今後はさらにずさんな業者が締め出され、安全な業者が残っていくと思われます。

FXが外貨預金より優れているわけは?

FXでは、通常、10〜15倍のレバレッジを効かせることができますので、相場変動に対するリスクとリターンが高く、外貨預金などと比較すると、利回りという意味においてメリットがあります。

 

例えば、1ドル=100円として円をドルに替える場合、外貨預金ですと1万ドルに対して100万円の資金を銀行に預けなければなりません。

 

しかしながら、FXを利用すれば、1万ドルに対して10万円の資金を預けるだけで、1万ドル分の外貨預金と同様の金利(スワップポイント)を受け取ることができるのです。

 

◆具体的には?
例えば、米ドルの金利が年2%、為替レートが1ドル100円とします。

 

この場合、外貨預金で1万ドルを預けるには、100万円の資金が必要ですが、1年後には200ドルの金利しか受け取ることができません。

 

しかしながら、同じ1万ドルをFXを利用して買う場合には、必要な証拠金は10万円のみです。

 

たとえ10万円であっても、外貨預金で1万ドルを保有しているのと同様ですから、1年後には1万ドルに対する2%の200ドルの金利を受け取ることができるのです※。

 

10万円の投資資金に対して2万円以上の収益を上げることができたのですから、実質的には20%以上もの投資収益率になります。

 

とはいえ、為替リスクなどもありますので、そんなに簡単に高利回りを実現できるわけではありません。

 

ですが、FXで上手くレバレッジを使うことができれば、為替変動による為替差益だけでなく、スワップポイント(金利差)で効率的に稼ぐこともできるということです。

 

※正確には、ドルの金利分からほぼゼロ金利の円の金利分を差し引いた金額です。

 

スポンサーリンク

FXにおいてはなぜ投資ルールが必要になるのですか?

FX投資家にとり最も重要なことの1つが、この投資ルールを作成し、それを遵守することです。これは、多くの投資家が述べていることです。

 

なお、投資ルールの作成に当たっては、次のようなものについては、自分にあったものを選択することが大切になります。

 

投資期間
・短期
・中長期

 

投資判断
・テクニカル分析
・ファンダメンタルズ分析

 

投資対処通貨
・ドル
・ユーロ
・英ポンド
・豪ドル...など

 

◆投資期間とは?
投資というのは、ポジションを保有した後、保有ポジションを決済することで利益を得ます。ただし、この保有から決済までの期間というのは、人によってもさまざまです。

 

◆FXのリスクとは?
FXは、FX会社が個々に提供する独自の商品であり、顧客とFX会社との相対取引です。

 

また、証券取引所や商品取引所で売買される取引所とは違い、FX会社により個別に取引ルールが決められます。

 

なので、各社の商品内容や取引方法などを十分に理解したうえで取引に参加することが重要になります。FXのリスクとしては、次のようなものが考えられます。

 

■価格変動リスク
■システムリスク
■スキームリスク
■情報リスク
■信用リスク

短期投資家とはどのような人のことをいうのですか?

短期投資家というのは、投資期間が短い人のことをいいます。つまり、短期投資家は、即日から1か月程度の保有期間を目指す投資家です。

 

特に、即日に保有と決済をする投資家のことをデイトレーダーと呼びます。さらに、デイトレーダーの中でも、保有から決済まで数時間で行う取引を特に、スキャルピングなどと呼びます。

 

こういったトレード手法では、小さな値動きで、利益を積み上げていくことを目指しています。

 

◆中長期投資家とはどのような人のことをいうのですか?
中長期投資家というのは、ある程度投資期間のある人のことをいいます。つまり、中長期投資家は、1か月から1年程度、あるいはそれ以上の保有期間を目指す投資家です。

 

短期投資と比較して為替レートも大きく動く可能性が高いですから、スワップ金利も投資収支に影響を与えてきます。

 

こうした中長期投資家のトレードでは、中期的なトレンドに乗ることを目指します。

 

特に、長期投資の場合には、1年以上の保有期間を目指しますので、スワップ金利も投資収益に強く影響を与えます。

 

当然のことながら、値幅も大きいですから、長期的なトレンドに乗ることが基本になります。

FXのデイトレードに最適な時間は?

FXは、土日、祝祭日を除いた平日の24時間取引を行うことができます。

 

なので、サラリーマンの方は、昼間の仕事が終わってから自宅で気軽にトレードができますし、主婦の方も家事が終わってから気軽にトレードできます。

 

また、株式市場とは異なり、FX市場は全世界が相手ですから、一個人がいくら為替を取引しようとも、大勢にはほとんど影響しないというのも魅力の1つかもしれません。

 

◆夏時間と冬時間とは?
夏時間というのは、4月第1日曜日〜10月最終日曜日までのこといいます。また、反対に、冬時間というのは、10月最終日曜日〜4月第1日曜日までのことをいいます。

 

この冬時間は、各国の為替市場が開く時間帯が1時間前にズレます。

 

スポンサーリンク

投資判断とはどういったことですか?

投資をする際には、何かを判断材料にする必要があります。例えば、「○○が○○であるからドルが上昇する」と考えて、ドルを購入するわけです。

 

この○○が投資判断ということです。ちなみに、この投資判断というのは、一般的には次のものにわかれます。

 

テクニカル分析
・テクニカル分析は、過去のの値動きを視覚的に判断できる、チャート分析のさまざまな指標を重視する人が該当します。
ファンダメンタルズ分析
・ファンダメンタルズ分析は、金利が重要だという人や、通貨発行国の経済成長を重視している人などが該当します。

 

ただし、投資判断というのは無数にあり、投資家の数だけ存在するものなのかもしれません。

 

例えば、星占いのようなものによっている人もいますし、自分の感性に従っている人もいるようにです。

 

星占いなんていうと馬鹿にしがちですが、著名な投資家の中でも星の動きなどを本格的に分析している人というのもいるのです。

 

なお、マスコミなどに登場する評論家の方々は、ファンダメンタルズ分析に従った為替予想をするのが一般的なようです。

 

◆FXで稼ぐ方法にはどのようなものがありますか?
FXで稼ぐ方法には、次の2つの方法があります。
■為替差益を狙う方法
■スワップ金利を狙う方法

 

なお、為替差益というのは、為替相場の上昇による利益、スワップ金利というのは、2つの異なる通貨間の金利差による利益のことです。

 

◆為替差益を狙う方法とはどのようなものですか?
為替差益を狙う方法というのは、外国の通貨※を円高の時に買って、円安の時に売った時に出る為替差益のことです。

 

例えば、米ドルを1ドル=100円の時に買って、1ドル=120円の時に売った場合には、1ドル当たり10円の為替差益を得ることができます。

 

つまり、為替差益を狙う方法では、外貨を安い時(円高)に買って、高い(円安)の時に売ることによって、その差額分の利益を稼ぐということになります。

 

※米ドル、ユーロ、英ポンドなどです。

主要通貨と代表的な通貨は?

FXというのは、ドルだけでなく、ユーロ、英ポンド、オーストラリア・ドルなど複数の通貨に対して投資を行うことができます。一般的に主要通貨といわれているのは、次の3通貨です。

 

■ドル ■ユーロ ■円

 

また、代表的な通貨としては、次のような通貨があります。

 

■英ポンド ■オーストラリア・ドル ■ニュージーランド・ドル
■カナダ・ドル ■スイス・フラン

 

◆投資通貨に制限はありますか?
投資できる通貨というのは、FX取引業者によって制限があります。FX取引業者のなかには、南アフリカ・ランドや香港ドルといった通貨にも投資できるところもあります。

 

また、通貨ペアは、円とドル、円とユーロといったものだけでなく、ドルとユーロ、ドルとポンドなど、円を組み合わせない投資も行うことができます。

 

さらに、大きく動く通貨ペアもあれば、動きが鈍い通貨ペアもあるというように、これらの組み合わせにの値動きには特徴があります。

 

◆米ドルとカナダドル連動関係は?
アメリカとカナダは、お互いが隣国同士で、カナダはアメリカの経済にも依存しているところがあります。

 

なので、米ドルが上昇するとカナダドルも上昇し、米ドルが下落するとカナダドルも下落する傾向があります。

 

とはいえ、これはどの通貨に対しても言えることですが、各国の経済指標の内容次第では、その国のみ為替レートが上昇したり下落したりといったケースがあります。

 

◆ユーロ・ポンド・スイスフランは?
ユーロ・ポンド・スイスフランは、いずれもヨーロッパ圏ということで強いつながりがありますので、それぞれの通貨が動くと、他の通貨も同じような動きをすることになります。

 

◆豪ドルとNZドルは?
豪ドルとNZドルは、お互いオセアニア地区ということもあり、経済的なつながりがあるため、同じような動きをします。

 

ただし、たまにまったく異なった動きをすることもありますので注意が必要です。

デイトレードがよいとされる理由は?

デイトレードがよいとされる理由としては、次のようなものがあげられます。

 

■短期投資の場合には、投資資金を塩漬けにすることがないので、資本効率がよいということ。
■長期のことなど誰にもわからないので、短期投資でこつこつと儲けた方がよいということ。
■デイトレーダーで億万長者になった人が、テレビや雑誌で実際にいるということ。

 

◆中長期投資がよいとされる理由は?
中長期投資がよいとされる理由としては、次のようなものがあげられます。

 

■短期的な動きは理屈では説明できないので、長期的なトレンドに沿った投資のほうが確実であるということ。
■短期投資は、時間対効果で考えれば効率が悪いということ。
■著名な投資家のウォーレン・バフェットが長期投資化であるということ。

 

◆では、デイトレードと中長期投資ではどちらがよいのでしょうか?
デイトレードがよいのか、それとも中長期投資がよいのかということについては、実は専門家の中でも意見が分かれていて、結論は出ていません。

 

結局、投資というのは、儲けた者勝ちの側面もありますので、特にどちらかにこだわることなく、実際に取引をしてみて、自分の性格やライフスタイルにあったものを選ぶのがよいと思います。

チャート分析とは?

チャートというのは、過去の為替相場の推移を記録して図示したもののことです。これを分析して将来の価格変動を予測するために行うのがチャート分析と呼ばれるものです。

 

このチャートを見ることで、過去や現在の為替相場の流れがわかります。なので、チャートを見れば、今後の為替相場を予測し、外貨を売買するときの一つの目安になります。

 

FX取引においてチャートは非常に重要で、チャートを制するものはFXを制するといっても過言ではありません。

 

ちなみに、基本的なチャートとしては、日足、週足、月足の3種類があります。

 

■日足 ⇒ 1日ごとのチャートを表しています。
■週足 ⇒ 1週間ごとのチャートを表しています。
■月足 ⇒ 1月ごとのチャートを表しています。

 

上記のチャートはどれも重要ですので、常にこの3種類のチャートは意識しておきたいところです。

 

スポンサーリンク