損切りとトレール注文、スワップ金利/海外業者を日本で利用するには〜

損切りは必要?

損切りが必要かどうかについては意見の分かれるところですが、FXでレバレッジを利用して投資をする人には、損切りの決済注文は必須です。

 

これは、強制ロスカットや追加証拠金を回避するためです。

 

レバレッジ取引というのは、相場が自分の予測と逆に動いた場合には、元手を失うだけでなく、追加証拠金を要求されるリスクがあるからです。

機械的に損切りを行うという資金管理ルールとは?

毎回自分の予測どおりに相場が動けば問題はないのですが、それは非現実的です。

 

追加証拠金を避ける唯一の方法は、損切りによる決済注文を事前に入れておき、資金管理をしっかり行うことです。

 

つまり、FXでは、損切りというのは投資方法ではなく、資金管理の一環であるということです。

 

例えば、有名なところでは、資金の10分の1の含み損が出たところで機械的に損切りを行うという資金管理ルールがあります。

 

このルールで、例えば100万円を元手に110円でドルを買った場合には、1万通貨であれば100円以上にストップを入れ、5万通貨であれば108円以上に、10万通貨であれば109円以上にストップオーダーを入れることになります。

 

このように機械的に損切りを入れていく方法のほかに、自分の相場観で損切りを入れていく方法もありますが、これは非常に高度な手法になります。

トレール注文とは?

トレール注文というのは、逆指値注文に値幅指定機能を追加した注文方法のことをいいます。

 

わかりやすく言うと、為替レートの変動に応じて自動的にレール、つまり道筋を引いてくれるものです。通常ですと、逆指値注文はあらかじめ指定した為替レートで決済されます。

 

ただし、為替相場の変動によって、指定した為替レートではあまり効果がないようなときには、その都度指値を変更しなければなりません。

 

しかしながら、このトレール注文を使うと、為替相場の変動に応じて逆指値(損切り)価格を引き上げたり、引き下げたりすることができるのです。

 

つまり、為替相場の変動が激しいときにあらかじめ決めておいた逆指値注文にトレール注文を付け加えることで、保有しているポジションのリスク範囲をより限定的なものにすることができるということです。

 

為替相場は24時間動いていますから、常時相場を見続けることは不可能です。

 

例えば、就寝中や外出時などに為替相場が自分のポジションに有利な方向に大きく動いた場合、トレール注文を入れておけば、逆指値を自動的に変更してくれますので、損失リスクが小さくできるというメリットがあります。

 

スポンサーリンク

損切りとスワップ金利

金額による損切り注文の判断は、スワップ金利も考慮すべきです。FXの場合、日々スワップ金利の受け渡しが行われますが、それは決算時に合算されます。

 

仮に、ドル円で1万通貨の買いポジションを保有していた場合に、スワップ金利が毎日100円ほど受け取れるとします。

 

反対に1万ドルの売りポジションを保有していた場合には、スワップ金利は支払うことになります。

 

一般的には、スワップ金利は、通貨ペアの状況によっても異なりますが、受取額よりも支払額のほうが大きくなります。

 

つまり、1ドル=110円で1万通貨の買いポジションを1ドル=105円で損切りしたときの損益を出す場合には、正確には保有期間を考慮しなくてはならないということです。

 

例えば、10日保有した後損切りした場合は、スワップ金利収入が2,000円(100円×10日)あるので、損益は−10万円+2,000円=−98,000円となります。

 

これがもし1万通貨の売りポジションの損切りで、差益損益が同じく10万円のマイナスの場合には、仮に毎日100円のスワップ金利を支払うとして同様の日数で計算すると、−10万円−2,000円=−102,000となります。

 

スワップ金利は、保有期間が長くなればなるほど、どちらのポジションであれバカにならない金額になってきます。

 

ということで、損益に与える影響は為替変動のほうが大きいですが、スワップ金利も状況によっては、損失管理に影響を与えるのだということを覚えておいてください。

スワップ金利を狙う方法とはどのようなものですか?

日本を始めとして、各国の通貨には金利が付いています。そして、超低金利の日本円を売って、海外の高金利通貨を買えば、その金利差分(スワップ)を受け取れるのです。

 

これは買いポジションを持っている限り、毎日受け取ることができます。現在、日本の銀行預金などは超低金利ですが、このFX取引におけるスワップ金利は、それをはるかに超えるものです。

 

ただし、反対に、外貨の売りポジションを持っている場合には、海外の高金利通貨を売って、低金利の日本円を買っているということになります。

 

なので、この売りポジションを持っている限りは、毎日金利差分のスワップ金利を支払わなければなりませんので注意が必要です。

 

ちなみに、このスワップ金利というのは、各FX会社個ごとに異なりますので、詳細は、各FX会社のホームページなどで確認するようにしてください。

 

なお、FXで稼ぐ方法というのは、このようなスワップ金利による利益で稼ぐ方法、為替差益による利益で稼ぐ方法、またはその両方で稼ぐ方法ということになります。

IB系の海外業者の代理店

FX取引業者というのは、その形態によって、IB(イントロデューシング・ブローカー)系とPRC(プリンシパル)系に分類されます。

 

わかりやすくいうと、IB系の取引業者の契約は、海外の取引業者の代理店に近い形です。

 

日本でのFXは、1998年に解禁されたばかりと歴史が浅いので、FXは海外のほうが主流との意見も多く、海外の取引業者に対する信頼も高い傾向があります。

 

実際に、海外の取引業者は手数料無料が主流ですし、毎週1回CFTC(米国商品先物取引委員会)への報告が義務づけられているなど、安全面でも整備されています。

 

◆海外業者を日本で利用するには?
海外の有名な取引業者には、GFT、FXCM、CMSなどがあります。

 

日本に住んでいる個人投資家が、この海外の取引業者のシステムを利用してFXを行うための窓口がIB系の取引業者です。

 

取引の仕様や資金管理も海外の取引業者が行いますので、契約書類が英語の場合もありますが、IB系の取引業者のほうでフォローしてもらえます。

 

ちなみに、IB系の取引業者はコストが安くて、手数料無料や格安なところが多くなっています。

 

2004年までは手数料無料を求めて、海外の取引業者と直接契約する人もいたようですが、2005年に入ってからは、IB系の取引業者も手数料を無料にするなど、IB系の利便性は高まっています。

 

◆FXの取引形態は?
FXの取引形態は相対取引であって、証券取引所などで決められる価格で行われるわけではありません。

 

なので、取引する当事者間における契約がすべてになります。つまり、FX会社が提示する価格に投資家である顧客が同意すれば、それで取引は成立します。

 

スポンサーリンク

良いFX業者の選択方法は?

FX初心者で、為替についての知識があまりない場合には、どのFX業者が良心的で、どのFX業者が悪徳なのかということを判断するのは難しいと思います。

 

よくありがちなのは、手数料や証拠金が安いということを重視して、その裏にある取引レートなどには着目しないということがあります。

 

しかしながら、FX会社選択において重要なのは、それらのトータルで満足できる取引業者を選ぶということです。

 

なお、FX会社を選ぶ際には、もし、そのFX会社が倒産した場合には、担保として預けている証拠金はどうなるのかといった最悪のケースも想定しておくなど、慎重さが必要になります。

 

◆PRC(プリンシパル)系とは?
FX取引業者は、その形態により、IB(イントロデューシング・ブローカー)系とPRC(プリンシパル)系に分類されます。

 

簡単に言うと、PRC系は国内の独自業者のことです。PRC系の取引業者の契約は、国内のPRC系の取引業者と個人投資家が1対1で契約をする形になります。

 

資金管理やシステム管理も取引業者自体が行いますので、高コスト体質となり、比較的手数料が割高なところが多いようです。

 

また、提示するレートなどもPRC系の取引業者が決定するため、ずさんな取引業者の場合には、顧客に不利な操作をする恐れも残されています。

 

ただし、PRC系は仕様自体を自由に変更できるので、顧客の希望が反映されやすいメリットもあります。

 

よって、手数料などの取引コストの面も、将来的に見直されていくと思われます。

 

◆IB系とPRC系の資金管理面での違いは?
IB系とPRC系では、安全面から、資金管理をどこがしているのかということがとても重要になります。

 

資金管理は、IB系の場合は海外の有名ブローカーとなり、PRC系の場合は国内の取引業者の業務となります。

FXの取引単位は?

FXの取引単位は、基本的には、1枚あたり1万通貨単位です。1万通貨単位というのは、米ドル/円ですと1万ドル単位、ユーロ/円ですと1万ユーロ単位を意味します。

 

もともと銀行間における売買の基本は、1本=100万通貨単位なのですが、100万ドル(1ドル=100円なら1億円です)が取引単位ですと、個人投資家が手軽に参加するには無理があります。

 

そこで、FXでは、その100分の1の規模まで取引単位を小口化して、一般の個人投資家でも手軽に取引できる環境を提供しているのです。

 

ちなみに、最近は、1,000通貨単位で取引できるFX会社も出てきていますので、取引に慣れるまでは、そういったFX会社を利用するのもよいかもしれません。

 

◆FX業者の取引コスト
例えば、ある取引会社で手数料は20銭とあったとしますと、この手数料表示は多くの場合、1通貨あたりの保有時に必要な金額で、決済時の手数料は含まれていません。

 

例えば、ドル円の場合では、ポジションを保有するときに1ドルにつき20銭(0.2円)が必要になります。

 

多くの取引業者では、最小取引単位は1万通貨単位ですから、1万ドルを保有した場合の手数料は2,000円となります。

 

ただし、手数料は決済時にもかかりますので、1万ドルを決済するとやはり2,000円がかかり、合計で4,000円かかることになります。

 

つまり、実際の取引では、保有時から1ドルについて40銭分有利なレートで決済をしなければ利益にならないのです。

 

手数料20銭は一見安く見えますが、実際の取引を考えるとかなりのコストです。

 

◆手数料はどのくらいを目安にしたらよいですか?
手数料は、利益面や安全面も考慮しつつ、片道10銭以下の取引業者を選ぶのが1つの目安となります。

 

◆良いFX業者とは?
単に手数料が安い業者が、良いFX業者というわけではないので注意が必要です。

 

なかには、手数料を安くした代わりに、為替レートやスワップポイントの値幅を広げて利益を確保しようとするFX業者もあるからです。

 

当然ですが、FX業者もビジネスですので、手数料、為替レート、スワップポイントのどれかで収益を上げなければ事業が成り立ちませんので、これらをトータルで考えることが重要になります。

 

為替レートに関しては、良心的なFX業者であれば、常にマーケットの実勢並み、しかも銀行間で提示されるものと同水準のレートを提示してくれるものです。

 

何も知らないと、つい手数料の安さだけを考えてしまいがちです。

 

しかしながら、良心的なFX業者であるかどうかを見分けるためにも、同時に複数のFX業者に注文を入れてみて、その時々のレートを吟味し、マーケットの実勢値とかけ離れていないかを確認することが重要です。

 

個人投資家にとっては、取引手数料だけでなく、為替レートやスワップポイントの値幅を含めた、トータルなコストの安さをしっかり見極めたうえでFX業者を選択することが大切です。

スプレッドは?

スプレッドとは売値と買値の差額のことをいいます。取引コストには、手数料だけでなくこのスプレッドも存在します。

 

なので、例えば、FX業者が手数料20銭とうたっていても、実際の取引での手数料は、単純に20銭ではないので注意が必要です。

 

FXでは、「売値100.00−買値100.03」のように表示されますが、この3銭の差がスプレッドです。ちなみに、この提示方法を「2Wayプライス」方式と呼びます。

 

これも1万通貨あたりの金額ですから、もし1万ドルの取引なら300円ということになります。

 

なお、このスプレッドはFX取引業者や取引する通貨ペアによっても異なります。

 

対円で言うと、米ドルに比べて、オーストラリア・ドルやニュージーランド・ドルはスプレッドが広いことが多いです。

 

よって、取引業者を選ぶ際には、メインに取引したい通貨ペアのスプレッドを比較してみることがポイントになると思われます。

 

◆通貨ペアによるスプレッドは?
FXでは、ビッド(買値)とアスク(売値)の間に差があるのですが、これがスプレッドと呼ばれるものです。

 

例えば、米ドル/円の通貨ペアですと、「ビッド100.20円−アスク100.25円」というように、5銭程度のスプレッドがあります。

 

このスプレッドは、FX会社によっても異なりますし、通貨ペアによっても異なります。

 

また、同じ通貨ペアであっても、そのときの相場のボラティリティ(変動率)によってスプレッドが変わることもあります。

 

ちなみに、米ドル/円やユーロ/円ではスプレッドが小さい半面、その他の通貨ペアではスプレッドは大きくなる傾向にあります。

安全なFX取引業者とは?

安全なFX取引業者を選択することは、取引業者選びでは最も重要です。といっても、この安全性の判断というのは、非常に難しい面もあります。

 

まず、悪徳業者の問題については、2005年7月に金融先物取引法の改正が行われたので、そういう業者は徐々に減っていくと思われます。

 

なので、FX取引業者を選ぶ際には、インターネットや新聞などで情報を得るようにしておけば、預けた資金を持ち逃げするような業者に出会うことはまずないでしょう。

 

むしろ今、取引業者の信頼性についてチェックするのは、次のような事項になります。

 

■資金管理はきちんと行われているか
■常時レートを個人投資家に不利益なく提供しているか
■安定したシステムを提供しているか
■サポート体制はしっかりしているか...など

 

◆どの業者を選べばよいのですか?
とはいえ、上記のような事項は、いくら情報を集めたとしても噂の域を出ないものですので、実際の判断は難しいところです。

 

しかしながら、取引業者を決めなければFXは始められませんので、慎重になりすぎ時間をかけすぎでもいけません。

 

なので、とりあえず、いくつかのサイトの情報などを見て、一定の支持を得ている業者を探してみましょう。

 

その中から、上記の信頼性や取引コストなどの判断基準に照らして、自分自身でよいと思われる業者を選ぶとよいと思います。

 

そして、FXを行っている中で、その取引業者があわないということであれば、別の業者へ乗り換えるというくらいの気持ちでよいかと思われます。

 

スポンサーリンク