使えるテクニカル指標〜/資源国通貨で長期投資...

テクニカル分析で合理的・効率的に利益を上げる

相場が動いている最中というのは、相場参加者はみな、疑心暗鬼の中で行動しています。

 

具体的には、ドルやユーロの上昇や下落のトレンドがどこで止まるのかを確認したいと思っているのです。

 

といっても、トレンドがどこで止まるのかを決めるのは、ある意味投資家自身であり、相場参加者の多くが円高を望めば円高が進みますし、もうそろそろ限界だと考えれば円高が止まって相場が円安方向へと進んでいくのです。

 

このような相場のトレンド、すなわち相場参加者の意思をとらえるためには、投資家の行動均衡点である「高値」と「安値」を常に意識しながら、売りどき・買いどきを探るツールが必要になります。

 

そのツールが各種テクニカル指標なのです。そして、これらのツールを上手く活用して相場のトレンドをとらえ、合理的・効率的に利益を上げていこうとするのがテクニカル分析といえます。

まずは分類する

テクニカル指標には様々な種類がありますから、実際に相場で売買を行う前に、使えそうなものと、そうでないものを明確に分けておかなければなりません。

 

また、すでにテクニカル指標を使用したことのある投資家であっても、いまの時代に合った、役に立つ指標を選択して使用するようにしたいところです。

 

ツールというのは、目的を達成するために便利に使うものであって、それを使うことが目的ではないからです。

 

しかしながら、実際には、このような吟味を行わずに定型化されたテクニカル指標を闇雲に使用する投資家も多いようです。

 

例えば、上昇トレンドの中で、オシレーター系指標に従って売りから入ったり、下落トレンドの中で押し目買いと称して買いから入ったりするなどです。

 

◆使えるテクニカル指標とは?
実際の相場で使えるテクニカル指標というのは、いまの相場が上昇トレンド(買い)なのか、あるいは下降トレンド(売り)なのかを確認した上で、どこに相場の節目である売買のポイントがあるのかがわかるものといえます。

 

◆テクニカル指標を使用する際のポイントは?
テクニカル指標を使用する上で重要なのは、そのテクニカル指標が当たるか当たらないかということよりも、相場そのものにトレンドが発生しているのかどうかを確認することです。

 

そして、仮にトレンドが発生しているのであれば、そのトレンドの強さをつかむことです。

 

どのようなテクニカル指標であっても、相場のトレンドの強さなしには大きな収益を上げることはできないからです。

 

また、実際に相場に参加している投資家のうち、どれだけ多くの人がそのテクニカル指標を見ているのか、あるいは使っているのかということも非常に重要です。

 

つまり、皆がそれに従い投資行動をとるようなテクニカル指標は絶対に重視する必要がある一方、ほとんどの投資家が見ていないようなテクニカル指標は無視しても構わないということです。

 

◆使えるテクニカル指標とは?
実際の相場で使えるテクニカル指標というのは、いまの相場が上昇トレンド(買い)なのか、あるいは下降トレンド(売り)なのかを確認した上で、どこに相場の節目である売買のポイントがあるのかがわかるものといえます。

 

スポンサーリンク

デイトレードとは?

デイトレードというのは、1日の間に数回取引を行う短期投資のことをいいます。デイトレードであれば、スワップ金利を得ずに、1日のうちの値動きで利益を狙うことになります。

 

◆ポジションとは?
ポジションというのは、損益が確定していない未決済の手持ちの外貨のことをいいます。

 

ちなみに、「買い」から取引したものを「買いポジション」、「売り」から取引したものを「売りポジション」といいます。

スイスは世界の金融センター

スイスは、永世中立国であることから、スイスフラン(CHF)は米ドルと同様に、有事に強いという側面を持っています。

 

また、スイスには世界的に有力な金融機関があり、世界の金融センターとしての役割も担っています。

 

◆スイス・フラン(CHF)の特徴は?
スイス・フランは歴史的に低金利の通貨であるため、金利面から買われることは少ないようです。

 

また、スイスはユーロ圏と経済的に密接であることから、ユーロの動向に敏感に反応します。ちなみに、サブプライム・ショックにより国内の金融機関が影響を受けています。

 

◆CHF/円の為替レートの推移は?
スイスフランは、対円では2007年6月に、1CHF=100円の大台を突破し、2008年6月には105円台まで上昇しました。

 

しかしながら、その後はユーロ安に連動する形で急落し、2008年12月には74円台にまで下落しています。

南ア・ランド(ZAR)の特徴は?

南アフリカ共和国は、近年経済発展が著しく高金利であることから、関心を向ける投資家が増加中の通貨であり、FX会社でも取り扱う業者が増えてきています。

 

また、南アフリカ共和国は、金やプラチナなどの鉱山資源が豊富であることが知られていますが、工業分野も拡大してきています。

 

なお、南ア・ランド(ZAR)の政策金利は、一時12%だったものが大幅に引き下げられましたが、それでも7.5%と他の通貨に比べればまだまだ高く、引き続き注目されています。

 

◆南ア・ランド/円の為替レートの推移は?
南ア・ランド/円は、2006年には19円台まで上昇していましたが、メジャー通貨に先駆けて下落傾向に入ると、リーマンショック後の2008年10月には10円の大台を割り込み、一時は7.7円まで下げました。

豪ドルは資源国通貨

豪ドル(AUD)は、代表的な資源国通貨です。

 

具体的には、金やウラニウム、鉄鉱石などの鉱物資源や農畜産物が豊富で、一次産品の輸出ウェートが高く、経済は商品市況に左右されやすい構造となっています。

 

◆豪ドルへの金融危機の影響は?
豪ドルは、金融危機以降、資源価格の急落や金利の引き下げが売り要因となりましたが、金融危機の被害は比較的小さいといわれています。

 

◆豪ドル/円の為替レートの推移は?
豪ドル/円は、2008年には政策金利が7%台と高かったので、金利差を求めて日本からの外貨投資も非常に活発でした。しかしながら、現在は3%台と金利妙味は薄くなっています。

 

◆NZドルは豪ドルに連動
NZドルは、豪ドルと同じで、これまで高金利通貨として日本からの投資人気が高かった通貨です。

 

また、ニュージーランドの人口は4,000万人台で、経済規模は隣のオーストラリアに比べて小さく、農畜産物の経済全体に占めるウェートが高いのが特徴となっています。

 

さらに、金融や貿易ともにオーストラリアとの関係が非常に密接であり、金融政策も通常はオーストラリアに連動する性質があるとされています。

 

このようなことから、NZドルは豪ドルに連動するケースが多いといわれています。

 

スポンサーリンク

カナダドルは資源国通貨

カナダは、経済的にアメリカとの関連が深く、またアメリカ経済や金融の影響を受けやすいという側面があります。

 

また、カナダは、原油や各種金属、農産物など資源が豊富なことから、カナダドル(CAD)は、資源国通貨としての側面が強いといえます。

 

さらに、カナダは、米国とは自動車産業などで結びつきが強いことから、その不振が直接響くほか、近年では原油価格の動向にも敏感に反応します。

 

◆カナダドル/円の為替レートの推移は?
カナダドル/円は、2007年11月に125円台の高値をつけましたが、その後はサブプライム問題の深刻化を受けて主要通貨に先駆けて下落する展開となっています。

 

ちなみに、2009年1月には、一時68円台まで下落しました。

プラザ合意とはどのようなものですか?

1981年、アメリカにレーガン政権が誕生しましたが、当時のアメリカは、ベトナム戦争以来、拡大する財政赤字と製造業不振による貿易赤字という「双子の赤字」を抱えた不況が続いていました。

 

さらに、1979年の第2次オイルショックの影響もあり、不況にも関わらずインフレが起こるスタグフレーションに陥ってしまいました。

 

このため、アメリカの金融当局FRB(連邦準備理事会)は、インフレを抑えるために金利を引き上げましたが、これにより米ドルレートも上昇してしまい、輸出の悪化から不況はさらに深刻化していったのです。

 

こうした事態の打開のため、1985年9月22日、アメリカのベーカー財務長官の呼びかけによって、5か国(アメリカ・イギリス・西ドイツ・フランス・日本)の蔵相がニューヨークのプラザ・ホテルに集まり、G5という会議を開きました。

 

このG5では、アメリカの貿易赤字を解消するため、ひいては、米ドルの各国通貨に対するレートを大幅に引き下げるために、各国の通貨当局が協力して協調介入(市場介入)を行うことを決定しました。

 

これが「プラザ合意」といわれるものです。

 

◆プラザ合意はバブル経済の引き金に
上記の協調介入の効果は絶大で、当時240円前後であった米ドル/円は、1985年11月には200円を割り、プラザ合意から1年後の1986年9月には150円と、1年間で90円もの円高(下落)となりました。

 

一方、日本経済は、輸出産業の影響力が強いことから、急激な円高によって景気不振に陥ることが予想され、これを防ごうと金利が大きく引き下げられました。

 

しかしながら、反対に金融緩和によって国内にあふれた資金が不動産や株式などの資産に向かうようになり、バブル経済を発生させる要因となりました。

自分に合った投資方法を見つける

投資に成功するための大原則は、自分自身の投資スタイルを確立して、それに徹底的に従うことですが、これはFX投資においても同じです。

 

また、投資方法には、様々な種類のものがありますが、それぞれ一長一短であり、絶対にうまくいく投資方法というものは存在しないものであると考えておいたほうがいいです。

 

とはいえ、何の指針も持たずに行き当たりばったりで投資してしまうのでは、いたずらに損が膨らむだけですので得策とはいえません。

 

なので、100%絶対というような夢の投資方法を追い求めるのではなく、自分にはどのような方法が合っているのかを冷静に考えて、その長所だけではなく、欠点も熟知することにより、強い武器として使いこなせるようにしたいところです。

 

◆自分の性格に合った投資方法とは?
例えば、自分は長期投資に向いているのか、あるいは短期売買のほうがいいのか、トレンド(相場の勢い)に逆らわずにいくのか、相場の大きな転換点を狙うのか、というように様々な考えがありますが、無理をせずに自分の性格に合った方法を選択することが重要です。

 

ちなみに、他人がある方法で成功したからといって、すぐにそれを真似てみたところでうまくいかないことがほとんどです。

 

これは、為替市場は日々変化していますので、別の人が昨日うまくいったからといって、今日、自分が真似をしたとしても、その方法がうまくいく局面はすでに終わっていることが多いからです。

 

為替に限らず、相場とはそういたものなのです。

 

◆性格に合わない投資方法は難しい
自分の性格に合わないような投資方法では、結果的に無理が生じ、長期的に続けていくのは困難になってくるはずです。

 

というのは、例えば、短期的な取引で早く結果を出したいと思っているのに、長期的な手法で無理をしても、最初に立てた投資方針を自分で破ってしまい、計画どおりの行動ができずに損が膨らんでいく、ということにもなりかねないからです。

 

◆目標を決める
性格ももちろんですか、自分が投資できる資金の規模や、投資に使うことのできる時間など、それぞれ何らかの制約があるはずです。

 

こうした制約の中で、自分が狙えるのは、どれくらいの利益なのかということを知っておくことは大切です。

 

FXでは、高いレバレッジ効果で大きな利益を得るチャンスがありますので、理屈のうえでは、レバレッジ倍率を上げれば、それこそ利益を無限大にすることも可能です。

 

しかしながら、それだけ危険性が増すということでもあります。

 

よって、どれくらいの利益、何%の収益率を期待しているのか、目標を確認しておけば、リスクもそれ相応にとどめることができます。

 

なお、現在の自分が投資に回せる資産の大きさ、負うことのできるリスクを知ることにより、投資の目標はおのずから決まってくるはずです。

投資に要する期間を決める

自分の投資スタイルを決めるためには、様々な側面から考える必要がありますが、その中でも投資に要する期間は重要です。

 

投資というのは、一定期間でどれくらいの収益を獲得するのかがポイントとなりますが、短期間の売買を繰り返して利益を積み上げるのか、それとも長期間ポジションを維持して、一度の取引で大きな利益を得るのか、投資家によってもその方法が異なるからです。

 

◆長期投資のメリット・デメリット
長期の投資においては、多少の損失を出したとしてもある程度は我慢する必要があります。頻繁に損切り※していては、長く投資を続けることにはならないからです。

 

一般的に、投資期間が長いほど、リスクは小さくなるといわれていますが、これは、為替レートの一時的な下落は、その後に一時的な上昇があれば打ち消されるからです。

 

多少の損をしても、あとでそれを補う反発が必ずありますので、大きなトレンド(上下動しながら一定方向に向かう動き)に乗れれば低リスクで利益を上げることが可能になります。

 

しかしながら、もし大きな流れを読み誤ったり、途中でトレンド変化したりすると、結果的に損失となる可能性は十分にあります。

 

なので、長期投資といっても、ポジションをそのまま放置しておいてよいということにはなりません。

 

※売却などをして損を確定知ることです。

 

◆豪ドルはコモディティ通貨?
「オージー」というニックネームでも呼ばれる豪ドル(オーストラリア・ドル)は、コモディティ通貨に分類されています。これは、オーストラリアの主要な輸出品が、石炭や鉄鉱石だからです。

 

◆オーストラリアの金融政策は?
オーストラリアでは、海外資本を呼び込む意図もあり、RBA(Reserve Bank of Australia:オーストラリアの中央銀行)は高金利政策を採用しています。

 

◆NZドルが「キウイ」と呼ばれる理由は?
NZドル(ニュージーランド・ドル)は、「キウイ」というニックネームでも呼ばれます。これは、ニュージーランドに生息する水鳥のキウイの模様が、1NZドル硬貨に彫られているからです。

 

◆NZドルの特徴は?
ニュージーランドの主要な輸出品は酪農品や食肉なのですが、オーストラリアとの貿易が多いことから、NZドルは豪ドルと似たような動きをすることがしばしばあります。

 

◆豪ドル・NZドルの共通の特徴は?
豪ドルやNZドルというのは、日本では外貨預金やFXでも人気の投資対象通貨となっていますが、ポンドと比較してもさらに取引高や市場参加者の少ないマーケットなので、非常に値動きが荒いという特徴があります。

 

よって、英ポンド以上に注意が必要ですから、単に高金利というだけで投資対象として選ぶのはリスクが高いといえます。

 

スポンサーリンク