為替予測と売買戦略〜/ファンダメンタルズ分析よりテクニカル分析は簡単...

底値圏とは?

底値圏というのは、為替レートがしばらく下落し続けて、到達した低い価格ゾーンのことをいいます。

 

この底値圏では、下落しても、もうこれ以上は下落する余地はあまりないと判断されます。

 

◆買いエネルギーとは?
買いエネルギーというのは、たとえ高くてもどんどん買いたいという人たちのエネルギーのことをいいます。わかりやすく言うと、相場を上昇させる原動力となるもののことです。

強含み・弱含みとは?

強含みとは、相場の地合いが堅調な状態のことを、また、弱含みとは、相場の地合いが軟調な状態をいいます。

 

◆模様眺めとは?
模様眺めというのは、相場の動向がはっきりしないために、売買が手控えられている状況をいいます。

 

◆投機筋とは?
投機筋というのは、レートの変動による利益を目的として市場に参加している人たちのことをいいます。為替ディーラーやヘッジファンドなどが代表的です。

 

◆為替予測と売買戦略
チャートというのは、過去の値動きのパターンから、今後の動きを予測するためのツールです。

 

なので、過去のパターンから、どのようなパターンになったらどう動くのかということが予測できるようになれば、売買技術はどんどん上達していきます。

 

そして、チャートのパターンがわかったら、今度はそれをもとにして売買の戦略を練ります。

 

具体的には、チャートがこうなったら買い、あるいはチャートがこうなったら売りと、あらかじめ買いポイントや損切りポイントを決めておくのです。

 

◆FX投資にはタイミングが重要
チャートというのは、買いのタイミングや売りのタイミングを教えてくれますが、投資をする上ではこのタイミングが非常に重要になります。

 

つまり、FXではレートが変動していますから、いつ買うか、いつ売るかが重要になってくるのです。

 

ファンダメンタルなことはわからなくても、チャートを用いて値動きのパターンを覚え、値動きそのものに注目して行動することができるようになれば十分勝つことも可能になります。

 

スポンサーリンク

チャートパターンを覚える

チャートは、窓があいた場合や、底値圏で長いヒゲを出した場合など、これから大きく上昇するというサインを出してくれます。

 

為替のチャートでは、ヒゲはあまり信頼性が高くないのですが、底値圏で出た場合には別です。

 

これは、大きく売られたものの、その後、終値にかけて上昇に転じ、買いエネルギーが強いということを意味するからです。

 

FXトレードを行う際には、こういった代表的な必勝パターンを知っていると非常に強いですから、このパターンであればこうするというような、自分なりの必勝パターンを獲得するようにしていきたいところです。

 

◆移動平均線のトレンドに乗るとは?
為替の場合はいったんトレンドができると、その方向へ一方向に動きやすいですから、FXで簡単にしかも大きく儲けるためには、トレンドに乗ることが非常に重要です。

 

このとき儲けやすいのは、移動平均線に沿ってきれいに上昇トレンド(下降トレンド)を描いている間中、そのトレンドに乗っていることです。

 

とはいえ、途中から乗る際には、いまから買ってもいいのかと思うときもあるかもしれません。

 

そのようなときは、上昇トレンドの場合は、移動平均線まで下がってきたところが次の買い場、すなわち押し目となります。

 

◆どのようにトレンドに乗ればよいのですか?
トレンドラインの場合も、移動平均線の場合と同様です。例えば、上昇トレンドの場合は、トレンドラインを割るまでは、ずっと保有し続けます。

 

つまり、トレンドラインが上昇していて、かつローソク足が常にトレンドラインの上にある限りはずっともち続けてOKということです。

 

そして、トレンドラインのところまでローソク足が下がってきたら、そこは押し目買いのチャンスと考えます。

 

ただし、トレンドラインは、移動平均線のようにあらかじめチャート上に引かれているのとは異なり、自分で引くものなので、少々恣意的になりますし、引く人によっても違ってきますので注意が必要です。

 

◆下降トレンドに転じたら?
トレンドラインを明確に割り込んできたら、そこは売りです。

 

為替の場合は、トレンドが変わって下降トレンドになったら、売りで儲けることもできますから、ここでは、上昇トレンドの押し目買いと同様に、「戻り売り」を行えばよいのです。

どのような影響を受けて動くのですか?

為替というのは、世界の中での資本の移動なので、本来でしたらファンダメンタルズを反映して動くものです。つまり、次のような、多岐にわたる要因が影響を及ぼします。

 

■各国の経済情勢 ⇒ 金利水準、インフレ率、GDP、失業率...など
■需給動向 ⇒ 貿易収支、資本収支...など
■各国の政治情勢
■その他の市場動向 ⇒ 株式、金、原油...など

 

また、タイミングとしては、次のようなものを受けて動きます。

 

■各国のGDP、貿易統計、雇用統計など主要経済指標の発表
■G7(先進7か国蔵相会議)、米連邦公開市場委員会(FOMC)、欧州中央銀行(ECB)理事会、日銀金融政策決定会合などの決定事項

 

なお、なかには思惑的な売買や投機筋の売買によって短期的な動きを示すこともありますが、中長期的には、二国間の政治・経済動向に左右される傾向があります。

ファンダメンタルズ分析よりテクニカル分析は簡単?

為替チャートを見ますと、比較的長期間にわたり同じ方向に動くことが多いのがわかると思います。

 

これは、国際情勢や経済情勢の大きな流れを反映しているといえますので、そういった意味では、ファンダメンタルズを押さえておくことは大切です。

 

しかしながら、それだけで売買の判断はできません。

 

というのは、投資の判断において、各国の政治状況や経済指標について考えることは、ある意味楽しいものですが、ファンダメンタルズの各要因を投資収益に結び付けられるかどうかということとは、まったく別問題だからです。

 

ファンダメンタルズで相場を考えるためには、投資家は相場変動要因を明らかにする必要があります。

 

これは、ファンダメンタルズ分析という名の通り、原因(ファンダメンタルズ)から相場変動を分析するためには、変動要因がすべて明らかでなければ、正確な判断を下せなくなるからです。

 

一方、テクニカル分析では、原因ではなく、結果として出てくる相場変動の特徴を分析することにより相場の状態を考えますので、投資判断はわかりやすいといえます。

 

◆テクニカル分析とは?
テクニカル分析とういのは、過去の価格データを使って、市場の動きそのものを分析することをいい、その目的は、相場の方向性を確認することにあります。

 

為替相場を動かす要因には、各国の政情、経済、金融政策、企業業績など様々なものがありますが、テクニカル分析では、そのすべての事象は、為替レートそのものに含まれると考えます。

 

これは、相場を動かす原因がたとえ何であれ、またそれがいくつあったとしても、そこから導き出される結論は、投資家の行動たる売買を通じて価格に反映されるという立場に立っているからです。

 

つまり、その結論である価格そのものの動きを分析することが、将来を予測する際には、最も効率的・効果的であると考えるのです。

 

◆テクニカル分析はトレンドの存在が前提
もしも価格の動きがランダムであって、どちらへ動くのか全くわからないというのであれば、将来の予測はできなくなります。

 

しかしながら、株式相場であれ外国為替相場であれ、相場は決してランダムに動くものではなく、実際には一定期間、一定方向へ動く特徴を示すことが多いものです。

 

投資家側からすると、価格がある期間、一定方向に動く特性があるからこそ、その流れに乗ることで利益を得られるわけです。

 

換言すれば、相場が一定期間、一定方向へ動くというトレンドが存在することが、相場で利益を得るための前提条件となります。

 

よって、相場分析においては、相場のトレンドを分析することが主たるテーマになるのです。

 

スポンサーリンク

値動きのパターンが繰り返されるから

相場の世界というのは、過去の値動きと似たようなパターンが繰り返されていますが、だからこそ投資家は、過去の動きのパターンに照らし合わせて将来の動きを分析し、そこから利益をあげることができるのです。

 

つまり、相場では値動きのパターンが繰り返されるからこそ、テクニカル分析が有効になるのです。

 

◆なぜ相場の動きは繰り返すのですか?
相場の値動きが繰り返すのは、相場の背景に人間の心理があるからです。

 

つまり、相場の変動要因はその時々により変わりますが、人間の心理や行動というのは、そうそう変わるものではないからです。

 

人間は自分の経験に学び学習していきますが、あのときはどうだったという経験が、今後の行動を左右します。

 

すなわち、過去に学んだ人間というのは、それを踏まえて将来の行動をどうするか決めるようになるのです。といっても、相場が常に過去のパターンに従うわけではありません。

 

過去のパターンに似た動きを見せることもあれば、過去のパターンとは異なる動きを始めることもあるからです。

 

なので、過去の動きを頭に入れておくことは大切なことですが、過去の経験則に従うだけでは利益を上げることはできません。

 

過去のパターンを参考にしながらも、いまこの瞬間に人間が売買をすることにより相場が成り立っているのだという事実を踏まえて相場を考えることが重要なのです。

 

◆テクニカル分析を使う理由は?
投資家が相場判断にテクニカル分析を使うのは、トレンドの確認によって売買の意思決定を確実に行うためです。

 

相場には、上昇トレンド、下降トレンド、もみ合い、という3つのトレンドがありますが、上昇トレンドでは買いポジションを、下降トレンドでは売りポジションを、もみ合い相場ではポジションを持たないという行動が、トレードの基本戦略となります。

安値とは?

安値がいつ訪れるのかを予測することは難しいですが、安値というのは、それ以上安い値段では売ろうとする投資家がいないか、あるいはそれ以下の値段では買おうとする投資家が売ろうとする投資家よりも多くなるポイントのことをいいます。

 

つまり、これが売り手と買い手の均衡点であり、相場の世界で「安値」といっているものです。しかしながら、この安値は、その時点では判断することができません。

 

それはあくまでも、ある安値と思われる点から相場が上昇し、あとから振り返って初めて、そのポイントが安値だったと確認できるものだからです。

 

そして、安値が確認されれば、もうこれ以上相場は下がらないだろうと考える投資家が買いを入れてきます。

 

これは、それ以上下落しないのであれば、その時点で買えば利益を得られる可能性が高いからです。

 

◆高値とは?
安値から相場が上昇し、後から振り返って「高値」とわかるところまできたとします。

 

相場で利益を上げるためには、自分が買った後に他人がさらなる高値で買ってくれることが前提となりますから、それが高値であるとわかれば、もう誰も買いを入れません。

 

あえて損をする行動は誰もとらないからです。

 

つまり、この高値は、もうこれ以上の高値では買おうとする投資家がいないか、あるいは売ろうとする投資家の方が買おうとする投資家よりも多い地点といえます。

 

投資家というのは、安値も高値もその時点ではわかりませんが、常にそのポイントを確認しようとしています。

 

よって、相場で考えることは、投資家の行動均衡点である高値と安値を確認することによって、相場の方向を確認することであるといえます。

 

そして、そのような相場の方向を自分の合理的・効率的行動に利用するのが、テクニカル分析の本来の目的なのです。

テクニカル指標があるのは?

テクニカル分析というのは、投資家が買いポジションや売りポジションを持つ場合に、それはいつ、どこで持てばよいのか、それを外すのはいつ、どこなのかを示してくれる非常に便利なツールです。

 

また、一般的にテクニカル分析は、相場を予測するためのツールだと考えられていますが、本来はそうではなくて、現時点で相場がどのような状態にあるのか、ということを確かめるツールといえます。

 

つまり、その時々の相場の状態を観測・認識するためのツールとして、各種のテクニカル指標があるのです。

 

◆テクニカル分析の前提
テクニカル分析は、次のようなことを前提としています。

 

⇒ 相場は常に正しい動きをしていて、相場の正しい動きを反映する各種テクニカル指標も正しい。

 

つまり、間違っているのは常に投資家であるということであり、これを素直に認識できないと、テクニカル分析を使いこなすことはできないということです。

ダウ理論とは?

ダウ理論というのは、上昇トレンドでは高値・安値が時間とともに切り上がり、逆に下落トレンドでは高値・安値が時間とともに切り下がっていく考え方をいいます。

 

ちなみに、ダウ理論は、ダウ平均で著名なチャールズ・ダウによって定義されたものです。

 

よって、このダウ理論を理解している相場参加者は、上昇トレンドで推移してきた相場が前の高値を超えられなかったり、前の安値を割り込むと、上昇トレンドが終わるかもしれないと考えます。

 

反対に、下落トレンドで推移してきた相場が前の安値を割り込まなかったり、前の高値を上回ると、下落トレンドが終わるかもしれないと考えるのです。

 

スポンサーリンク