退場していったトレーダーの共通点〜/順張りピラミッディングの極意とは...

FXに人気が集中している背景は?

FXが人気を得ている背景としては、次のような要因が複合的に重なり合っていると思われます。

 

■為替レートが大きく動きやすくなり、きちんと戦略を立てたFX取引をすれば、勝ちやすくなったこと
■FX業者間で顧客獲得のための競争が激化し、取引にかかるコストが各段に安くなったこと
■日本株への不安から、個人マネーが外貨に流れやすくなったこと
■インフレ懸念から、資産防衛として外貨が脚光を浴びるようになったこと
■円を介さない取引が広まって、円高や円安に振り回されずに済むようになったこと

順張り・逆張りどちらがよいのでしょうか?

FXトレードにおいて、相場が上昇局面のときには売り、相場が下落局面のときには買う、という人はかなりいるようなのですが、実はこれは非常に危険なトレードであると認識した方がよいです。

 

というのは、FXで最も儲かる相場展開というのは、一本調子に上昇する、あるいは下落する相場だからです。

 

とくに為替相場は、一度勢いに乗ると、止め処もなくどんどん行ってしまうものなので、この流れに乗ることができないと、相場で大きく儲けることはできないのです。

 

よって、値ごろ感から少し上がったから売ってみようとか、少し下がったから買ってみようというのは、非常に危険なのです。

 

こういったトレードをしていると、自分がとったポジションとは逆の方向に相場がどんどん進んでしまい、結局、大損を被ってしまうことにもなりかねないのです。

 

もちろん、きちんとした根拠があって逆張りをするのであれば、それでも構わないのですが、その場合でも、金額を抑えてエントリーしていくことが大切です。

 

なお、買い下がり手法のように、下がったら買い、また下がったら買う、という行為を繰り返して、平均の買い付けコストを引き下げる手法の場合も、金額を抑えて買っていくことが基本になります。

 

◆プロフィット・テイキング・オーダーとは?
プロフィット・テイキング・オーダーというのは、保有するポジションの利益を一定レベルで確定させるためのオーダーをいいます。

 

具体的には、売り持ちの場合には、現在のレベルより低いレベルに買い指値オーダーを置き、また、買い持ちの場合には、現在のレベルより高いレベルに売り指値オーダーを置きます。

 

◆退場していったトレーダーの共通点とは?
市場から退場していったトレーダーには、いくつかの共通点があるようです。

 

具体的には、自説に頑なにこだわり、自分の負けを認めようとせず、損を最小限で食い止めることができなかったために、損失額が取り返しのつかないところまで膨らんでしまったなどというものです。

 

ちなみに、これは、レバレッジの高さとも関係しています。

 

レバレッジというのは、FXの醍醐味でもありますし、大きな収益をあげるには必要不可欠なものには違いないのですが、過度に高いレバレッジをかけてしまいますと、自分の思惑とは反対の方向にレートが動いた場合には、あっという間に損失が膨らんでしまうからです。

 

スポンサーリンク

リーマンショック以降の為替相場の変化とは?

2008年秋のいわゆるリーマンショックに端を発した世界同時不況は、為替相場に大きなインパクトを与えました。

 

これにより、以前では考えられなかったような為替レートの激変が、ごく当たり前のこととして起こり得る時代に突入したといえます。

 

これはまた、FXトレードの考え方を新しくするとともに、FXで儲けるための方法論も変わったといえるのかもしれません。

 

具体的には、FXといえば、これまでは外貨を買うというものでしたが、そうした考え方を一変させています。

 

実際数年前から、多くの通貨に対して円安トレンドが続いていましたので、買う通貨さえ間違えなければ、外貨を買ってただ放っておくだけでも儲かる時代が続いていました。

 

一般投資家にとっては、これほど儲けやすい時代はなかったといっても過言ではありません。

 

しかしながら、2007年の一時的な円高によって、長期的な円安トレンドに陰りが見え始めます。

 

もちろんこの時の相場変動によって多額の損失を被った投資家も多かったようですが、この時は為替レートは、やがて元の水準まで戻り、全体としては為替相場はこう着状態に入ったのです。

 

それが、2008年秋には、かつてないほどの円の全面高が起こり、為替相場全体に強烈なインパクトを与えることになりました。

 

もはや円安だけでは儲けることができない時代に突入したのです。

 

◆従来型のFX取引とは?
かつて日本円は、外貨に対して中長期的には円安で推移してきました。

 

つまり、為替レートの推移などについてはあまり深く考えずに取引したとしても、比較的ラクに儲けることができたということです。

 

なので、今後の為替相場の展開や戦略について熟慮することもせずに、気楽なお小遣い稼ぎの感覚でFXをしていた人も多かったようです。

 

しかしながら、円の大暴落という予想外の出来事によって、こうした気楽なスタイルで取引していたFXトレーダーは大きなダメージを被ることとなりました。

 

ここで初めて、FX取引というものの本質に気づいた人も多いのかもしれません。

 

◆リーマンショックから得られる教訓とは?
リーマンショックに端を発した金融不安の中で、早急に行動や戦略の変更を行わなかったFXトレーダーは、ほとんど致命的といっても過言ではないほどのダメージを受けています。

 

それまで誰もが「まさかこの水準までは下がらないだろう」というラインをあっさり割り込んでしまい、そのずっと下の水準で推移していたのがこの時の為替相場だったからです。

 

この出来事から、「為替相場というのは、これから先どうなるかは誰にもわからない。

 

重要なことは、自分の思惑が外れたときに、どのようにして被害を最小限に抑えるかである」という教訓を得ることができます。

手数料の安さは売りにならない

FX業界は本格的な過当競争の時代に入っていますので、今は手数料の安さは売りにはなりません。

 

というのは、為替手数料に関しては、完全無料というFX会社が体勢を占めるようになったからです。

 

現状は、ほんのわずかでも手数料があるというだけで、ユーザーである投資家の心は掴みにくくなっているようです。

 

ただし、顧客からすると、この業者はどうやって儲けているのだろうと首を傾げたくなるようなサービスもありますので、それぞれの投資戦略やスタンスに応じて、最適なFX会社を選ぶようにしたいです。

 

◆手数料が無料でない会社はどうしているのですか?
手数料完全無料を謳えないFX会社は、他の部分でニーズの高いサービスを提供し、投資家にアピールするほかなくなっています。例えば、次のようなものです。

 

■スプレッド幅の狭さ
■最大レバレッジの高さ
■最低初回入金額(最低預託金)の低さ
■通貨ペアの豊富さ...など

 

◆数百倍の高レバレッジを売りにしているFX業者もありますが…
FX会社の中には、レバレッジの高さ※を売りにしているところもあります。

 

しかしながら、いくら業者側で数百倍といった高レバレッジに設定できるといっても、あまりに高いレバレッジの設定は避けた方が無難です。

 

※レバレッジを高くできるほど、元手の資金が少なくて済みます。

 

スポンサーリンク

外貨商品のコストを比較する

国内経済に不安を感じた場合、投資をはじめたばかりの人がまず考えるのは、一般的に広く知られている外貨預金や外貨建てMMFなどだと思います。

 

しかしながら、外貨預金や外貨建てMMFは、為替手数料の面からみますと、FXとは比べものにならないくらい高いのが現状です。

 

具体的には、例えば、通常、銀行で米ドルの外貨預金をすると、1ドルにつきかかる為替手数料は片道で1円です。

 

外貨建てMMFもその半分の1ドルあたり50銭というのが一般的です。その点、FXでは、取引手数料が無料のFX会社がたくさんあります。

 

FX会社の中では手数料が高い方とされている業者でも、1万通貨あたり500円以上のところはないと思われます。

 

たとえ、1万ドルで500円の手数料だとしても、1ドルに要する為替手数料として換算すると、片道は5銭ですから、外貨建てMMFの10分の1ということになります。

 

外貨預金と比べれば、20分の1という安さです。

 

よって、手数料の面から考えれば、多数の外貨商品の中でもFXが最もトクであるのは明らかです。

 

ちなみに、FXでレバレッジをかけなければ、リスクは外貨預金と全く同じです。現在は、このように気づいた個人投資家たちが、FXになだれ込んでいるといった状況といえるかもしれません。

 

◆日本円が暴落した時にもFXなら有利
現時点では、インフレがどこまで進むのかや、ハイパーインフレのような形で日本円の価値が暴落するのかということは誰にもわかりません。

 

ただし、はっきりしていることは、FXで外貨を買って保有していれば、たとえ日本円が暴落したとしても、ダメージを最小限に抑えることが可能だということです。

 

つまり、外貨を「買い」で保有していれば、インフレや国内景気後退、円暴落などの様々なリスクを回避できるということです。

 

FXのレバレッジやスワップポイントなど、固有の手段を駆使すれば、円安を資産形成のチャンスに転換させることができるのです。

 

このように考えると、日本円レートの動向に左右されず、着実かつ大きな資産形成を行うには、FXは最適な金融商品といえます。

FXなら買いも売りもできる

銀行の外貨預金の場合は、「買い」のみですから、円安局面でしが利益を上げることができません。

 

これに対して、FXでしたら「買い」も「売り」もできますので、円安局面でも円高局面でも収益チャンスがあります。

 

つまり、レバレッジなどのFX固有の手法を使うことによって、どのような局面でも資産形成の機会になり得るということがいえるのです。

 

もちろん、FXなら通貨ペアも豊富ですから、開発途上国への先行投資も可能です。

 

◆順張りピラミッディングとは?
順張りのピラミッディングというのは、利が乗っているときに、どんどん買い増していくもので、大きく利益を狙っていく取引手法のことをいいます。

 

最初買いから入って、思惑が当たりうまく上昇相場になったときには、さらに買い増していきます。

 

ただし、ピラミッディングをする場合には、どこで反対方向に相場が転じるかに注意しておく必要があります。

 

基本的にこの手法の場合には、金額を抑えて取引する必要はありませんが、相場がずっと一方向に進んでいくことはありえません。

 

どこかの段階で必ず反転しますので、そのタイミングを見失ってしまうと、一気にこれまでの儲けがなくなるだけでなく、利益が損失に変わってしまうこともあるからです。

 

◆失敗しない方法は?
ピラミッディングというのは、順張りなら、利が乗っているときに、どんどん買い増していく取引手法のことをいいます。

 

このピラミッディングをする場合には、どこで反対方向に相場が転じるかに注意しておかないと、一気にこれまでの儲けがなくなるだけでなく、利益が損失に変わってしまう恐れがあります。

 

こうした失敗に終わらないようにするためには、エントリーしたときの持ち値で考えないということが重要です。

 

例えば、はじめに1ドル=100円で買ったとして、その後、1ドル=106円で再度買ったとしたら、その平均の103円のレートで考えるようにするということです。

 

つまり、この平均の持ち値と実勢レートから、どこまで相場が動いたら取引を終了させるのかを考えるのです。

 

◆順張りピラミッディングの注意点は?
順張りピラミッディングをする際には、あまり高いところでは買い増さないということが重要です。

 

高値で買い増してしまいますと、それだけ平均の買い付けコストが上昇してしまいますので、もし相場が反転したときには、損失が生じやすくなるだけでなく、相場が上昇してもコストを加味するとなかなか利益が得られにくくなってしまうからです。

 

つまり、こうしたコントロールはうまくやらないと、順張りの相場でもなかなか儲からないということになってしまいます。

 

よって、順張りのときは、逆張りのときと比較すれば、ある程度の買い増しは可能ですが、それでも最初に買った金額の半分くらいで、少しずつ買い増していくことが大切です。

 

ちなみに、最初に買った金額と同額、あるいはそれを上回る金額で買ってしまうと、相場が逆転したときにはどうにもならなくなってしまいますので、注意してください。

失敗の経験から学ぶ

FXトレードをこれから始めようという人は、まずは少額資金でするようにし、そこで何回か失敗を繰り返してみるとよいと思います。

 

例えば、300万円の運用資金を持っている人であれば、まずは30万円程度の資金でトレードを始めることです。

 

そして、さまざまな失敗を重ねていけば、必ず失敗をコントロールする術を身につけることができるようになるはずです。

 

とにかく焦りは禁物です。手元にある300万円を短期間のうちに600万円に増やしたいといってもそれは無理だからです。

少額トレードのメリットは?

小さな金額から始めることのメリットとしては、次のようなことがあげられます。

 

■小さな失敗を繰り返しながら学習できること
■取引回数を増やすことによって、バクチではなく確率によってトレードできるようになること

 

ちなみに、ポートフォリオなどと称して投資対象を分散することは、あまりしない方がよいと思われます。

 

それよりも、むしろ1回ずつの金額を少なくして、取引回数を分散させた方が有効です。

FXで一番儲かりやすい手法は?

FXトレードにおいて、最も簡単に儲かるのは、一本調子のトレンド相場になります。よって、FXの取り組み方の基本スタンスは、順張りに置いておいた方がよいといえます。

 

◆レンジ相場の場合はどうですか?
レンジ相場の場合は逆張りが効果を発揮しやすいです。しかしながら、そもそもこういった相場は難しいものですから、あえて取ろうとしなくてもよいといえます。

 

スポンサーリンク