トレンド分析に最適なチャート〜/経済指標と地政学的リスク...

サポートラインとは?

サポートラインというのは、下値支持線ともいい、上昇トレンドにおいてチャート(ローソク足)の安値と安値を結ぶ線のことをいいます。

 

◆レジスタンスラインとは?
レジスタンスラインというのは、上値抵抗線ともいう、チャート(ローソク足)の高値と高値を結ぶ線のことをいいます。

 

◆トレンドラインとは?
トレンドラインというのは、トレンドをより明確にするために引く補助線のことをいいます。

ローソク足とは?

ローソク足というのは、為替相場の推移がひと目でわかるように、ローソクの形状をした図形のことをいいます。

 

その1本1本を時系列に沿って並べてグラフに表したものがローソク足チャートです。

 

◆トレンド分析にはどのようなチャートが適していますか?
ローソク足チャートやバーチャートの見方を理解していると、その形状から、日足チャートであれば、その日がどのような相場状況であったのかを把握することができます。

 

同じように、年足、月足、週足、時間足、分足、秒足であれば、その年、月、週、時、分、秒がどのような相場であったのかが把握できます。

 

一般的に、短期(マイナートレンド)の分析においては、日々の値動きを記録した日足、中期(セカンダリー)の分析においては、週ごとの値動きを記録した週足、長期(プライマリー)の分析においては、月あるいは年ごとの値動きを記録した月足もしくは年足が適しているとされています。

 

◆チャートとは?
チャートというのは、過去から直近までの為替相場の推移を、為替レートや時間を軸としてグラフで表したものをいいます。

 

◆バーチャートとは?
バーチャートというのは、高値と安値を結んだものに、始値と終値を横線で追加したチャートのことをいいます。

 

ちなみに、バーチャートには、高値(H)と安値(L)を縦線で結んだもの(棒足)に終値(C)を横線で追加した「バーHLC」と、さらに始値(O)を横線で追加した「バーOHLC」の2種類の表示方法があります。

 

◆ティックチャートとは?
ティックチャートというのは、約定ごとの値段を時系列で表したチャートのことをいいます。ちなみに、ティック(Tick)とは、「カチカチ」という時計音の英語表記です。

 

◆ラインチャートとは?
ラインチャートというのは、終値の推移だけを折れ線グラフで表したチャートのことをいいます。

 

スポンサーリンク

経常収支とはどのような収支ですか?

経常収支というのは、国と国の間で、モノやサービスのやり取りが行われた結果生じた収支(収益と支出)のことをいいます。

 

なお、この経常収支については、かつてはドルと円で表示されていましたが、現在は円表示のみとなっています。

 

◆4つの収支とは?
経常収支は、次の4つの収支からなります。

 

■貿易収支
・モノの輸出入により生じた収支の集計です。

 

■サービス収支
・日本人が外国旅行をしたり、その旅行先で買い物や食事などをした金額の集計です。
・これらの金額は、日本のサービス収支の赤字額として計上されます。

 

■所得収支
・日本企業が外国で得た収益から、日本国内で外国企業などが得た利益を差し引いた金額です。

 

■経常移転収支
・ODA(政府開発援助)における医薬品の支給など、対価を伴わない取引による収支です。

 

◆雇用統計とはどのような指標ですか?
雇用統計というのは、失業率など、雇用に関する統計で、毎月第1金曜日に労働省労働統計局により発表されます。

 

雇用情勢というのは、個人消費だけでなく景気動向にも大きく影響することから、常に注目されています。FXでは、特に米雇用統計の注目度が高いです。

 

◆雇用統計の項目は?
雇用統計には、失業率と非農業就業者数を中心に、次のような項目があります。

 

■製造業就業者数 ■小売業就業者数 ■週労働時間
■賃金インフレの状態を示す平均時給...など

 

このうち、特に注目されるのが、非農業部門就業者数の増減になります。

 

米国では、業績が悪化すれば、レイオフ(一時帰休)することが多いことから、日本よりも、就業者数の増減と景気の連動性が強い傾向にあります。

 

こうした背景もあって、この数値が事前予想より大幅に改善あるいは悪化していた場合には、為替相場が敏感に反応することが多いです。

CRB指数とはどのような指数ですか?

CRB指数というのは、正式には「ロイター・ジェフリーズ指数」というのですが、米国のCRB(Commodity Research Bureau)社が算出する商品先物指数のことです。

 

◆CRB指数の算出方法は?
CRB指数は、1967年の平均値を100として、米国内の各商品取引所等で取引されている先物取引価格から算出されます。

 

◆CRB指数の構成品目は?
CRB指数の構成品目は、次のようになっており幅広く網羅しています。

 

<エネルギー>
■原油 ■燃料油 ■無鉛ガソリン ■天然ガス

 

<貴金属>
■金 ■銀 ■銅 ■アルミニウム ■ニッケル

 

<その他>
■とうもろこし ■大豆 ■小麦 ■綿花 ■牛 ■豚
■ココア ■コーヒー ■オレンジ・ジュース ■砂糖

 

◆CRB指数の注目度は?
CRB指数は、上記のような内容から、世界的な景気動向や物価動向を占う判断材料として、また、インフレの先行指標として、国際的に注目されています。

生産者物価指数とは?

生産者物価指数(PPI)というのは、米国の指標で、生産者が商品やサービスを提供する時点での価格変動を指数化したものをいいます。

 

具体的には、生産者の商品やサービスの売値がどのように変化したのかを示すものであり、インフレ率の判断に利用されます。

 

また、このPPIは、米労働省労働統計局が、国内の製造業者の販売価格をおよそ1万品目について調査した上で、翌月15日前前後に発表しています。

 

◆生産者物価指数の注目度は?
FRBは、物価上昇率に重点を置いて景気動向を判断していますので、生産者物価指数は、消費者物価指数(CPI)と同様、米国の金融政策を決定する際に重要な参考資料として注目されます。

 

なお、物価トレンドを把握する上では、コア指数※にも注目する必要があります。

 

※季節要因などの影響を受けやすい食品やエネルギーを除いた指数です。

 

スポンサーリンク

質への逃避とはどのような行動ですか?

質への逃避というのは、金融市場が混乱して先行き不透明感が増大した際に、投資家がリスクを避けてより安全で換金性の高い投資先に切り替えようとする行動のことをいいます。

 

投資家がとる行動としては、「資金逃避」とほぼ同様です。具体的には、投資家が、先行きに不透明さを感じるドルやドルベースの金融商品から投資資金を引上げて、堅調を維持している原油や金などの商品相場に投資していることなどは、質への逃避に該当します。

 

◆シンプルなものへの逃避とは?
シンプルなものへの逃避というのは、投資資金が原油や金、穀物など、より簡単な商品へと向かう傾向のことをいいます。

 

近年の煩雑で実態がつかみにくい金融商品は、リスク評価が難しいことが背景にあります。なお、シンプルなものへの逃避に似た概念として、質への逃避があります。

 

◆資金逃避とは?
資金逃避とは、投資家が、株式市場や為替市場等での損失を回避するために、投資資金をより安全な国の通貨に転換させたり、安定した市場に投資資金を移行することをいいます。

 

具体的には、テロやテロ懸念の浮上、地震や台風などの天災などが起きた国の通貨が売られ、株式市場が急落するというのも、投資家の資金逃避によるところが多いといえます。

地政学的リスクとはどのようなリスクですか?

地政学的リスクというのは、特定の地域において、地理的条件や政治的問題が複合的に絡み合って生じる、世界経済に悪影響を及ぼすリスクのことをいいます。

 

主として、地政学的リスクは、次のようなことにより生じます。

 

■テロ ■テロ懸念 ■テロ未遂
■国際紛争...など

 

◆地政学とは?
地政学というのは、政治や国家の特性と地理的な条件との関連性を研究する学問です。

 

また、地政学的リスクという言葉をはじめに使用したのは、2005年に、当時のFRB議長を務めていたグリーンスパン氏であり、米国のイラク攻撃によって、世界景気に悪影響を及ぼすリスクについて説明しました。

 

◆日本の地政学的リスクは?
日本における地政学的リスクとしては、北朝鮮問題など、アジア各国との緊張問題があげられます。

 

また、米国とも政治的・経済的な関係が深いことから、米国の政情不安もリスク要因となり得ます。

 

◆地政学的リスクの相場への影響は?
地政学的リスクが懸念される国の株や通貨というのは、売られやすくなります。つまり、そうした国からは投資資金が流出しやすくなるということです。

 

◆ハリケーンとは?
ハリケーンというのは、主として、米国などの北中米地区を襲う熱帯低気圧であり、暴風雨を伴うものです。

 

日本を含む北西太平洋・アジアでは「台風」とか「タイフーン(tyhoon)」、その他の地域では「サイクロン(cyclone)」などと呼ばれていますが、その発生メカニズムは同様です。

 

◆ハリケーンの為替相場への影響は?
経済に支障をもたらすハリケーンのような大規模な天候異変については、為替相場にも影響を与えることが多いです。

 

ちなみに、2005年に米国を襲った「カトリーナ」というハリケーンは、米経済にも悪影響を及ぼし、為替相場にも影響を与えました。

ブラックフライデーとはどのような日ですか?

ブラックフライデーというのは、米国の社会現象のことです。米国では、サンクスギビングデー(感謝祭)の翌日の金曜日に、多くの人が買い物に出かけるので、この日が年末商戦の始まりとも言われています。

 

この「ブラックフライデー」という名前の由来は、小売店がその恩恵を受けることで売上が急増し、それまで赤字だった店も一気に黒字になるということからきています。

 

ただし、最近は、街中の人ごみを嫌い、翌週の月曜日まで待ってインターネットで買い物をする人も増えています。ちなみに、この現象は「サイバーマンデー」と呼ばれています。

 

◆サンクスギビングデーとは?
サンクスギビングデーというのは、1941年のルーズベルト米大統領時代に、11月第4木曜日に定められ、国民の休日となった、米国の祝日の1つです。

 

日本では、サンクスギビングデーは「感謝祭」と訳されることが多いですが、「サンクスギビング」とか「ターキー・デー(七面鳥の日)」と呼ばれることもあります。

 

◆サイバーマンデーとはどのような現象をいうのですか?
サイバーマンデーというのは、米国の社会現象の1つですが、サンクスギビングデーと呼ばれる感謝祭※の休暇が明けた月曜日に、多くの人々が職場などの高速なインターネット環境を利用してオンラインショッピングを行うため、このように呼ばれています。

利上げとは?

利上げというのは、政策金利を引上げることをいいます。この利上げの主たる目的は、インフレの回避にあります。

 

◆利上げを行うとどうなるのですか?
利上げを行うと、借入金に対する金利も上昇しますので、資金の借り入れが減少し、預金高が増加します。その結果、国民の消費が減少し、通貨の価値が安定します。

マネーサプライ(通貨供給量)とは?

マネーサプライというのは、市中に実際に出回っている資金量のことをいいます。

 

具体的には、中央銀行をはじめ金融部門全体から経済活動に費やされる通貨の量のことであり、一般の事業会社や個人、地方公共団体などが保有する資金量のことです。

 

◆マネーサプライの注目度は?
マネーサプライは、景気動向を判断する上で、重要な経済指標の1つといえます。

 

◆マネーサプライの種類は?
マネーサプライには、次の3つがあります。

 

■M1(エムワン)
・現金通貨+預金通貨
・現金通貨…日本銀行が発行した紙幣と政府が発行した硬貨です。
・預金通貨…銀行に預けられている預金のうち、預金者がいつでも引き出せるものです。

 

■M2(エムツー)
・M1+準通貨
・準通貨…定期預金など、解約すればいつでも現金通貨や預金通貨に転換できる金融資産です。

 

■M3(エムスリー)
・信用組合や農協など銀行以外の金融機関の預貯金と金銭信託

 

なお、日銀が発表するマネーサプライ統計では、「M2+CD(譲渡性預金)※」が重視されます。

 

※CDというのは、第三者に譲渡が可能な金融機関などが持っている現金のことです。

 

スポンサーリンク