DMIとMACDの見方〜/チャートのパターンとグランビルの法則...

DMI(方向性指数)とはどのようなチャートですか?

DMIというのは、相場のトレンドや方向性、勢いの強さを判断するためのチャートをいいます。

 

ちなみに、DMIは、Directional Movement Index の略で、directional は「方向性」、movement は「動き」という意味です。

 

◆DMIの指標は?
DMIでは、次の3つの指標を用います。

 

■+DI
・正の方向性指数です。
・変動幅に対する上昇の割合を示します。
・DIは、Directional Index の略です。

 

■−DI
・負の方向性指数です。
・変動幅に対する下落の割合を示します。

 

■ADX
・トレンドの勢いや強さを示します。
・ADXは、Average Directional Index の略です。

DMIの売買ポイントは?

DMIが示す示す売買ポイントは次の通りです。

 

■+DIが−DIを下から上に突き抜けると「買い」
■+DIが−DIを上から下に突き抜けると「売り」
■+DIが−DIを下抜いた後、ADXが+DIを上抜けると「売り」
■+DIが−DIを下抜いた後、ADXが−DIを上抜いたら「買い」

MACDとはどのようなテクニカルチャートですか?

MACD(マックディー)というのは、「Moving Average Convergence Divergence」の頭文字を取った略称であり、日本語では「移動平均収束拡散(発散)法」と呼ばれているものです。

 

MACDは、2本の指数平滑移動平均線(短期EMAと長期EMA)の差を表した線であり、これとMACDの移動平均線であるMACDシグナルで構成されています。

 

もう少しわかりやすく言いますと、MACDとシグナルが近づいたり離れたりする動きを、0軸を中心に数値化したものです。

 

◆MACDの分析方法について
MACDというテクニカルチャートは、上記の2本の線の方向性や乖離、絡み具合などに着目して、主として短期的なトレンドの変化を分析します。

 

具体的には、為替相場が上昇相場であればMACDも上昇し、下降トレンドであればMACDも下降します。これに対して、シグナルがどうのような動きをするのかを見ていきます。

 

◆MACDの主なポイントについて
MACDがシグナルを上抜く地点、MACDがシグナルを下抜く地点に着目します。なお、単純にMACDが0軸を上抜く地点、下抜く地点も目安になります。

 

◆どのように判断すればよいのですか?
MACDには次のような判断ポイントがあります。

 

■MACDとシグナルがクロスするポイント
・MACDがシグナルを下から上抜くと「買いサイン」、MACDがシグナルを上から下抜くと「売りサイン」と判断します。
・特に、前者は0軸から上のプラス圏、後者は0軸から下のマイナス圏でクロスする地点は、さらに信頼性が高まります。

 

■0軸とMACDがクロスするポイント
・MACDが0軸を下から上抜くと「買いサイン」、上から下抜く場合は「売りサイン」と判断します。

 

なお、MACDは、サインの出るタイミングが多少遅れるという弱点があり、その結果としてダマシが生じることもありますので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

どのような法則ですか?

グランビルの法則というのは、移動平均線と価格の位置関係から、売買時期をつかむ基本的な方法です。

 

なお、移動平均線を普及させたグランビル(Joseph E. Granville)は、もともとは米国のウォール街にある通信社の記者でしたが、チャート分析を研究し、様々な投資テクニックを世に広めています。

 

◆グランビルの法則の買いシグナル・売りシグナル
次のようなものです。

 

■買いシグナル
・為替レートが、下降から横ばいに推移する移動平均線を突き抜けた地点
・為替レートが、上昇する移動平均線を下回った地点
・為替レートが、上昇する移動平均線を下回った地点
・為替レートが、上昇する移動平均線上で下落したが、移動平均線に触れずに反発した地点

 

■売りシグナル
・為替レートが、上昇する移動平均線を大幅に上回り、乖離が大きくなった地点
・為替レートが、横ばいから下降と推移する移動平均線を下回った地点
・為替レートが、下降する移動平均線下で上昇したが、移動平均線に触れずに下降した地点
・為替レートが、下降する移動平均線を上回った地点

チャートのメリットについて

テクニカルチャートというのは、もちろん万能ではありません。

 

しかしながら、未来のことは誰にもわからないものですから、過去の値動きを表すチャートは、貴重な羅針盤の役割を果たしてくれるツールといえます。

 

また、チャートはビジュアル化されているというメリットもあります。

 

つまり、過去の値動きを単純に数字でいわれても、大きな流れを感覚的につかむことはできませんが、チャートでしたら視覚的に理解できるのです。

 

◆チャートは基本パターンの組み合わせでできている
過去の動向を見極める方法として、一般的にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2つの方法がありますが、チャート分析は、テクニカル分析の代表的な手法になります。

 

チャート分析には様々な方法があることから、中には難しいと感じてしまう方もいるかもしれませんが、そんなことはありませんので安心して下さい。

 

これは、チャートというのはそのほとんどがひとつの基本パターンの組み合わせでできているからです。

現在のトレンドを把握する

値動きには主として次のような3つの方向があり、これを「トレンド」といいます。

 

■上昇トレンド ⇒ 徐々に相場が上がっていく状態のことをいいます。
■下降トレンド ⇒ 徐々に相場が下がっていく状態のことをいいます。
■横ばいトレンド ⇒ 一定の範囲の中で価格が変動する状態のことをいいます。

 

チャートを見る際には、それにより売買手法が異なりますので、まずは現在が上記3つのどのトレンドにあるのかを見極めることが重要です。

 

◆トレンドを判断する期間は?
チャートには1本のローソク足で表す時間によって、5分足、15分足、1時間足、日足、週足など様々な種類があります。

 

しかしながら、トレンドを判断する際に使用するチャートは、あまり短期のものでは意味がありません。なので、基本は日足、あるいは週足、短くても1時間足で判断するようにします。

 

◆チャートのパターンとは?
基本的に値動きというのは、一方的に上昇したり、あるいは下落したりすることはありません。つまり、上がったり、下がったりを繰り返しながら、徐々に上昇や下落をしていきます。

 

よって、チャートに現れるパターンというのも基本は同じであり、すべてはこの基本パターンの組み合わせによって説明することが可能になります。

 

◆トレンドの判断基準について
それぞれのトレンドの判断基準は、次のようなものです。

 

■上昇トレンド
・過去の高値をどんどん更新していく。
・過去の安値を更新しない。

 

■下降トレンド
・過去の安値をどんどん更新していく。
・過去の高値を更新しない。

 

■横ばいトレンド
・一定の値幅の中で値動きを繰り返す。

 

スポンサーリンク

チャート分析は外れることも…

チャート分析というのは、そもそも過去の値動きをチャートにして、そのパターンから将来の値動きを予測するわけですから、100%当てるというのは不可能なことです。

 

なので、チャートで将来の値動きを分析する場合には、それを理解したうえで活用することが大切です。

 

◆移動平均化するとは?
移動平均化するというのは、基点とする日から一定期間過去にさかのぼった期間の値段の平均値を出すことをいいます。

 

◆トレンドラインを引いてみる
チャートだけを見ていても、上昇トレンドか、下降トレンドか、横ばいトレンドかはおおよそ判断することができますが、「トレンドライン」を引くと、より明確に見極めることができます。

 

このトレンドラインというのは、為替レートのトレンドを判断するための補助線のようなものです。一般的には、過去の安値と安値、または高値と高値を結んで作成します。

 

◆グランビルの法則とは?
グランビルの法則というのは、移動平均線を普及させたグランビルが考案した法則のことをいいます。移動平均線の価格の位置関係から、売買ポイントをつかむ基本的な方法です。

 

◆サポートラインとレジスタンスライン
サポートラインとは、過去の安値と安値を結んだものをいいます。この線は、為替レートの下落を食い止め、上昇を支持する価格帯になることから下値支持線とも呼ばれます。

 

反対に、レジスタンスラインとは、過去の高値と高値を結んだものをいいます。この線は、為替レートの上昇を拒む高値の壁のような存在であることから、上値抵抗線とも呼ばれます。

 

なお、一般的には、上昇トレンドのときにはサポートラインを、下降トレンドのときにはレジスタンスラインを引きます。

 

◆トレンドラインで変化を捉える
トレンドラインを引くと、トレンドが継続しているか、あるいは変化が生じているのかということが判断しやすくなります。

 

具体的には、上昇トレンドで、サポートラインよりも上にチャートがあれば、トレンドが継続していることを示します。

 

よって、もし、サポートラインを割り込んだのであれば、トレンドに変化が生じている可能性があります。

 

なお、こうした変化を捉えることが売買手法を考案する上では非常に重要になります。

トレンドラインとはどのようなものですか?

トレンドラインというのは、為替レートのトレンドを把握するための補助線のようなものをいいます。

 

◆上昇トレンドのトレンドライン
チャートが上昇トレンドにあるときは、チャートの安値と安値を線で結びます。

 

これをサポートライン(下値支持線)といいます。なお、チャートがサポートラインよりも上にあれば、上昇トレンド継続と判断します。

 

◆下降トレンドのトレンドライン
チャートが下降トレンドにあるときは、チャートの高値と高値を線で結びます。これをレジスタンスライン(上値抵抗線)といいます。

 

なお、チャートがレジスタンスラインよりも下にあれば、下降トレンド継続と判断します。

 

◆トレンドラインの引き方のポイントは?
トレンドラインは、次のよう点に注意して引きます。

 

■何度もトレンドラインを引いて感覚を磨くようにします。
■5分足や15分足など短い足ですとチャートは意味がありませんので、1時間足や日足、週足などでトレンドは確認するようにします。
■8割くらいの人が納得できるようなトレンドラインを引くようにします。

順張り・逆張りとは?

順張りというのは、相場が上昇してきたら買い、下落してきたら売り、というように相場のトレンドに沿ったポジションを持つことをいいます。

 

一方、逆張りというのは、高値圏で売り、底値圏で買い、というように相場の転換点を狙ってポジションを持つことをいいます。

 

◆順張り・逆張りについて
順張りというのは、トレンドに便乗して投資することをいいますが、これが一般的な手法といえます。

 

これは、FXには「買い」と「売り」の2つがありますが、基本的には上昇トレンドでは「買い」、下降トレンドでは「売り」を選択したほうがリスクを抑えながらリターンを狙えるからです。

 

下落しているときに「そろそろ上昇に転じるはずだ」などと、買いポジションを持つことを逆張りといいますが、こうしたあまのじゃく的な投資手法は、大きなリスクを伴うことがありますので注意したいところです。

下降トレンドでは一気に下落する

上昇トレンドの買いと、下降トレンドの売りでは、根本的に手法が異なりますので注意が必要です。

 

といいますのは、上昇トレンドでは、相場はジワジワと上昇していくのに対して、下降トレンドでは、一気にストンと下落することが多いからです。

 

このような傾向は、主として米ドル/円の通貨ペアでよく見られますが、円との組み合わせですと、多くの場合この傾向が当てはまります。

 

◆逆行現象とはどのようなものですか?
逆行現象というのは、「ダイバージェンシー」ともいい、相場が上昇基調のときにRSIが下降している、あるいは相場が下落基調のときにRSIが上昇しているという状態のことをいいます。

 

ちなみに、この逆行現象は、ストキャスティクスでも用いられる考え方です。

 

スポンサーリンク