移動平均線とグランビルの法則〜/ロスカットとマージンコール...

移動平均線によるトレンドの判断方法は?

基本的には、短期的なトレンドを見るには、期間が短めの移動平均線を、長期的なトレンドを見るには、期間が長めの移動平均線を参考にするとよいと思われます。

 

また、短期移動平均線と長期移動平均線がクロスしたところが売買のタイミングの参考になります。

 

なお、これが、「ゴールデンクロス」「デッドクロス」といわれるものです。

移動平均線のクロスによる売買サイン

ゴールデンクロスが形成されると、上昇トレンドが鮮明になったと判断できますので、買いシグナルとみなします。

 

また、デッドクロスが形成されると、下落トレンドが鮮明になったと判断できますので、売りシグナルとみなします。

 

ただし、ゴールデンクロスが形成されるまでは上昇していたのに、形成後に下落するケースもあります。

 

反対に、デッドクロスの場合も同様で、短期線が長期線を下抜いたところで売り注文をしたとたんに、上昇に転じたというケースもあります。

 

よって、移動平均線のクロスのみによる売買サインは、ダマシも多いですからあまり過信しないように注意してください。

 

◆ゴールデンクロス・デッドクロスとは?
ゴールデンクロスというのは、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に突き抜ける状態のことをいいます。

 

反対に、デッドクロスというのは、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に突き抜ける状態のことをいいます。

グランビルの法則とは?

移動平均線を使った分析においては、グランビルの法則を用いると便利です。

 

このグランビルの法則は、ウォール街の通信社で記者をしていたグランビル氏が開発したもので、移動平均線と実線の位置関係によって、売買のタイミングを見ようというものです。

 

◆グランビルの法則の考え方は?
グランビルの法則においては、移動平均線というのは、日々の値段の平均値を折れ線グラフにしているものですから、日々の値段を示す実線が移動平均線から離れて推移していても、いずれは移動平均線のレベルに戻るだろうと考えます。

 

◆グランビルの法則の売買サインは?
グランビルの法則の買いサインと売りサインは、次のようなものです。

 

<買いサイン>
(1)移動平均線が下落した後、上昇しそうな兆候が表れたとき、実線が移動平均線を上抜く。
(2)移動平均線の上昇中に、実線が、いったん移動平均線を下回ったものの、すぐに上回る。
(3)(2)の変形パターンで、実線が移動平均線に近づきながらも、下回らないまま、再び上昇する。
(4)実線が移動平均線から大きく下に離れている。

 

<売りサイン>
(1)上昇から下落へと転じる兆候が表れている移動平均線を実線が大きく下抜いた。
(2)下落を続けている移動平均線に向かうように実線が上昇し、いったんは移動平均線を上抜きながら、再び下抜く。
(3)移動平均線が下落している時に実線が移動平均線に近づきながらも、上抜けず再び下落する。
(4)移動平均線が上昇を続けている時に移動平均線から大きく上に離れる。

 

スポンサーリンク

ロスカットとマージンコールとはどのようなシステムですか?

ロスカット(強制決済)とは、このうち、ポジションを強制的に手仕舞うことをいい、マージンコール(追証)とは追加の証拠金を請求する方法のことをいいます。

 

ロスカットとマージンコールのシステムは、多くのFX業者で採用されています。

 

FXというのは、少額の証拠金で大きな額の取引ができますが、その反面、ケースによっては、損失額が証拠金の額を上回って、投資家が大きな負債を負ってしまう危険性があります。

 

こういったケースでは、投資家の被害も甚大ですが、もし投資家から損失額が支払われなければ、FX業者がその損失を支払わなければなりませんので、それでは経営が立ち行かなくなってしまいます。

 

そこで、FX業者では、ある程度以上、計算上の損失が拡大した場合には、その売買ポジション※を強制的に終了させるか、顧客に損失分の証拠金を補填してもらう、あるいはポジションを減らしてもらう、などの取り決めをしています。

 

これがロスカットであり、マージンコールのシステムなのです。

 

※売り買いの注文状態のことです。

 

◆ロスカットとマージンコールはどのような場合に発動されるのですか?
ロスカット(強制決済)とマージンコール(追証)が発動されるのは、計算上の損失額が、証拠金の最低率を下回ったときです。

 

この計算上の損失というのは、まだ反対売買を行って確定させてはいないけれど、現在の価格で計算した損失のことを意味します。

 

例えば、最低証拠金額が10万円の場合に、計算上の損失額が5万円になったとしたら、最低証拠金額に対する残りの証拠金額の比率は50%になります。

 

この比率が一定の率を下回ると、ロスカットあるいはマージンコールが発動されることになるのです。ちなみに、この一定率のことを「証拠金維持率」といいます。

 

◆ロスカットやマージンコールの維持率はどれくらいですか?
ロスカットやマージンコールの維持率の設定については、FX業者によってもまちまちですが、その多くはロスカットで最低証拠金の20%、マージンコールで50%くらいのようです。

 

また、たいていのFX業者ではロスカットを採用していて、マージンコールを採用している業者はそれほど多くはないようです。

 

◆証拠金額を維持率以上に
ロスカットやマージンコールを避けるためには、証拠金額を維持率以上に保つ必要があります。

 

ロスカットは、ポジションを保有している期間のいつであっても、維持率を下回ればすぐに発動され、ポジションは自動的に反対売買※され、清算されてしまいます。

 

一方、マージンコールは、為替レートが動いて維持率を下回った時点で、メールや電話で投資家に通知されます。

 

よって、それから一定期間内に、追加の証拠金を差し入れるか、あるいはポジションを減らして証拠金を維持率以上になるように保たなければなりません。

 

※買っていれば売られ、売っていれば買われます。

 

◆ロスカットとは何ですか?
ロスカット(強制決済)というのは、損失が大きくなり、証拠金が一定以下になったときに、FX業者が強制的に取引を決済し、損失を確定するシステムのことをいいます。

 

◆マージンコールとは何ですか?
マージンコール(追証)というのは、損失が大きくなり、証拠金が一定以下になったときに、証拠金を追加で預け入れるようにFX業者が請求するシステムのことをいいます。

FXでは負けている人のほうが多い?

個人投資家のケースでいいますと、FXで買っている人よりも負けている人のほうが圧倒的多数を占めているようです。

 

また、勝っているという人でも大勝ちしているわけではなく、FXからの収益はあるものの、税金が発生しない程度というケースが多いようです。

 

ただし、このような個人投資家のトレード・スタイルは、その多くがデイトレードであり、主な投資判断材料はテクニカル分析といわれています。

 

もちろん、デイトレードやテクニカル分析がダメだということではないのですが、やはりFXをするうえでは、ファンダメンタルズ分析や大局観を持つということも大切なことであるという認識は持ちたいところです。

 

◆ストップ注文とはどのような注文方法ですか?
FX取引においては、損失を最小限にとどめ、利益を確実にすることが重要になりますが、そのための注文が、ストップ注文とリミット注文です。

 

ストップ注文(ストップ・オーダー)というのは、「ストップロス注文」とも呼ばれ、基本的には損失(ロス)を一定限度で止める(ストップする)注文のことをいいます。

 

レートが、保有している売買ポジションと反対の方向に動くと損失が発生しますが、例えば、米ドル/円を現在値100円で買っている場合に、損失を1円で抑えるためには、99円で損切り(損失を確定させる)の売りができるようにしてやればよいということになります。

 

そこで、ストップ売り注文として99円を出しておけば、レートが下がって99円になったときに、手仕舞い※の売りが執行され、損失は最大1円でとどまることになります。

 

※売買を終了させることです。

 

スポンサーリンク

トレイリングストップとは?

ストップ注文には、トレイリングストップといって、相場の変動に合わせてストップ・オーダーを自動的に変更してくれる注文があります。

 

このトレイリングストップは、例えば、米ドル/円買いポジションで、円安が拡大しているのに、低いストップ注文のままでは、拡大する利益を確保できないかもしれないといった場合に、ドル/円の上昇に合わせて注文を自動的に切り上がるように設定しておくことで、利益の幅を拡大させることが可能になります。

 

◆リミット注文とはどのような注文方法ですか?
リミット注文というのは、保有しているポジションの相場が利益の出る方向に動いたときに、利益を確保できるようにする注文のことをいいます。

 

例えば、米ドル/円で100円の買いポジションを持っているときに、1円の利益を確実に得ようとするのであれば、101円で売るようにリミット注文を設定すればいいのです。

 

このリミット注文を使うと、為替市場を24時間、監視していなくても、レートが101円になったら自動的に利益確定の売り注文を出してくれますので非常に便利です。

 

◆逆指値注文とはどのような注文方法ですか?
通常の指値注文ですと、「一定以上、上がったところで買いたい」とか「一定以上、下がったところで売りたい」といった場合には、これらは不利な注文となるので執行できません。

 

しかしながら、逆指値注文では、現在の相場より不利なレートで指値注文を執行することが可能です。

 

つまり、逆指値注文というのは、次のように読んで取引するような場合に役立つ注文の予約であるといえます。

 

■これ以上に上がれば上昇方向に相場が動く。
■これ以下に下がれば下降方向に相場が動く。

 

◆トレイリングストップの使い方
例えば、1米ドル=100円でドル/円を買った場合に、ストップ注文を95円に設定したとします。 そして、その後、為替相場が円安に進んで1米ドル=105円になりました。

 

このときすでに、5円の利益が出ているわけですが、ストップ注文が95円のままですと、その後、円高へ反転した場合には、せっかくの利益が確保できずに終わってしまいます。

 

このような場合に、トレイリングストップを使えば、利益が拡大していくに伴って、ストップ注文のレートを95円から96円→97円…→101円などと自動的に切り上げていくことができます。

IFD(アイエフディー)とはどのような注文方法ですか?

IFDというのは、「イフ・ダン(もし注文を執行したら)」の略称であり、2つの注文を同時に出して、最初の注文が執行(約定)したら、もう一方の注文が有効になるという注文方法です。

 

ちなみに、もし、最初の注文が約定しなければ、後者も発注されません。例えば、現在米ドル/円が100円で、99円に下がったら買うつもりで、99円の指値買い注文を入れるとします。

 

そして、指値が執行されたあとで「損失を1円までに抑えたい」とか「1円の利益を確保したい」と考えたときには、指値注文と同時に、前者では98円のストップ売り注文を、後者では100円のリミット売り注文を出せばIFD注文が出来上がります。

 

◆OCO(オーシーオー)とはどのような注文方法ですか?
OCOというのは、「ワンサイド・ダン・ゼン・キャンセル・ジアザー(一方が約定したらもう一方はキャンセル)」の略称であり、2つの注文を出しておいて、一方が執行されたら、その時点でもう一方の注文は自動的にキャンセルされるという注文方法です。

 

例えば、米ドル円で100円の買いポジションを保有している場合に、「損失は1円で抑えたいけれど、利益が出る場合には2円は確保したい」と考えるとします。

 

このような場合に、99円で売るストップ注文と、102円で売るリミット注文を同時に出しておけば、最初にレートが下がって99円になれば、ストップ注文が執行され、リミット注文はキャンセルされます。

 

反対に、上昇して102円になるとリミット注文が執行され、99円売りのストップ注文はキャンセルされます。

 

◆If Doneとは?
If Done(イフダン)というのは、順位のある2つのオーダーを同時に出す指値注文のことです。一次のオーダーが成立した後、自動的に二次のオーダーが有効になります。

 

◆IFO(アイエフオー)とはどのような注文方法ですか?
IFOというのは、「IFDプラスOCO」という意味であり、IFDとOCOを組み合わせた注文方法のことをいいます。

 

具体的には、新規の注文とともに、ストップ注文、リミット注文を両方出すという、3つの注文を同時に出す注文方法です。

 

例えば、米ドル/円を100円で指値買い注文を出して、損失は1円に限定、利益も1円確保したいと考えた場合には、100円買い指値に、99円売り(ストップ)、101円売り(リミット)とすればIFO注文が出来上がります。

 

◆特殊な注文方法の注意点は?
IFD、OCO、IFOなど様々な注文方法を利用すれば、深夜のマーケットでポジションを残したまま寝てしまったとしても、相場を見ていない間のポジション管理ができるので非常に便利です。

 

しかしながら、これもストップやリミットの置き方によっては、損切りばかりになってトータルの損失が増えてしまったり、せっかくの儲けのチャンスを逃したりすることもありますので、使い方には注意したいところです。

 

スポンサーリンク