プラザ合意とルーブル合意〜/タイの変動相場制への移行〜/為替市場は深夜に動く...

アメリカの双子の赤字とはどのようなものですか?

1981年、レーガン大統領は国内経済立て直しのために「強いアメリカ、強いドル」を目指す、いわゆるレーガノミックスと呼ばれる政策を掲げ、大幅な減税を打ち出しました。

 

これにより、当初、景気は回復の兆しをみせたものの、税収が伸び悩み、財政赤字は解消しませんでした。

 

また、強いドルは、電気製品や自動車などの輸出競争力を失わせ、農産物の輸入を促進させました。

 

その結果、アメリカの貿易収支は大幅な赤字となり、財政収支と貿易収支の赤字は双子の赤字と呼ばれ、アメリカ経済にとって大きな問題となっていったのです。

プラザ合意でどうなったのですか?

上記のことから、強いドル政策は転換を余儀なくされ、1985年9月22日には、ニューヨークのプラザホテルで5か国蔵相・中央銀行総裁会議(G5)が極秘裏に開催されました。

 

ちなみに、この5か国とは、アメリカ、イギリス、西ドイツ(現ドイツ)、フランス、日本です。

 

そして、ここで合意された先進国の政策協調はプラザ合意と呼ばれ、世界経済に新たな流れを作ったのです。

 

◆プラザ合意の内容は?
プラザ合意では、次のようなことが合意されました。

 

■為替レートは、経常収支の不均衡を是正するうえで役割を果たすべきである。
■為替レートは、各国のファンダメンタルズを反映すべきである。
■各国通貨は、ドルに対してある程度の上昇が望ましい。
■G5各国は、より緊密に協力する用意がある。

 

このプラザ合意は大きな効果があり、翌日の為替市場はドル売り一色となりました。円相場も1ドル240円から230円まで上昇しました。

 

スポンサーリンク

その後のG5の開催は?

プラザ合意は、ドル高是正のために為替介入を含む政策協調に合意したものでしたが、同時に、この合意は為替安定に国際協調が非常に有効であることを証明しました。

 

そのため、その後もG5は半年に1度の割合で開催されることになりました。

 

ちなみに、1986年には、イタリアとカナダが参加し、1997年にはロシアが参加したことから、現在では、拡大してG8になっています。

 

なお、G8は、現在でも世界経済・国際金融をリードするシステムとして注目を集めています。

 

◆ルーブル合意ではどのような合意がなされたのですか?
プラザ合意以降も、ドルは下がり続けました。

 

そこで1987年2月のルーブル合意では、これ以上のドル安は世界経済に悪影響が出るとして、為替レートの調整に終止符を打つ「ドル安修正宣言」が出されました。

 

このときの為替レートは1ドル150円、プラザ合意に基づく各国の協調介入の総額は180億ドルにも達していましたが、このルーブル合意により、ドル安の進行はひとまず歯止めがかかりました。

 

そして、今後の為替水準については、レファレンス・レンジが協議されました。

 

◆レファレンス・レンジとは?
レファレンス・レンジというのは、一定のレベルから離れた場合に協調介入を行うというものです。

 

このときは、円相場で1ドル153.50円を中心レートとし、この上下2.5%で初期介入し、5%に達した場合は、政策協議を開始するという内容でした。

ブラック・マンデーとはどのようなものですか?

ブラック・マンデーというのは、ニューヨーク株式市場の暴落を発端に起こった史上最大規模の世界的株価の暴落のことをいいます。

 

具体的には、1987年10月19日、週明けのニューヨーク株式市場で過去に例を見ない大暴落で始まりました。これが世界の株式市場へと波及していったのです。

 

日本の東京株式市場も3,836円、約15%も暴落して大混乱に陥りました。

 

◆ブラック・マンデーが起こった原因は?
ブラック・マンデーの原因は、アメリカの双子の赤字が解消しないことにあったのですが、潜在的にはドル安が導いたといっても過言ではありませんでした。

 

プラザ合意以降、ドル安に誘導するために各国ともFF金利に合わせて政策金利を引き下げていたのですが、ドイツではインフレの兆候を抑えようと、短期金利を高めに誘導し始めました。

 

この動きに対して、G7の協調体制はそのうち崩れるだろうと読んでいた市場は敏感に反応し、金利の先高感も強まって、ブラック・マンデーの引き金になったのです。

タイの通貨制度は?

1997年のアジア通貨危機では、アジア各国の通貨が連鎖的に暴落する深刻な事態になりました。このきっかけとなったのがタイバーツです。

 

もともとアジア諸国は、通貨政策としてペッグ制※を採用していました。このペッグ制には、次の2つの方法があります。

 

■1つの通貨に連動させる方法
■複数の通貨に連動させる通貨バスケット制

 

そして、通貨バスケット方式では、米ドル、ユーロ、円といった主要通貨に対して、それぞれ比率を決めて加重平均します。

 

例えば、A国の通貨がバスケット方式を採用していて、米ドル、ユーロ、円の比率を60・30・10と設定した場合には、A国通貨の変動の60%は米ドルの影響を受けるということです。

 

タイではバスケット方式を採用していたのですが、米ドルの比重が高かったことから、実質的にはドルペッグ制だったのです。

 

つまり、タイバーツは対米ドルで固定相場制、それ以外の通貨に対しては変動相場制だったのです。

 

※自国通貨の為替レートを主要国の通貨に連動させる通貨政策のことです。

 

◆ASEAN諸国の経済成長の原因は?
プラザ合意以降、円高が長期間続き、1995年4月には1ドル70円台まで進行しました。

 

この持続的な円高を受けて、日本企業は土地と安い労働賃金を求めてタイやインドネシアなどASEAN(東南アジア諸国連合)諸国に直接投資を行い、工場を建設しました。

 

これが、ASEAN諸国に経済成長をもたらしたのです。さらに、円高のおかげでタイの輸出競争力は相対的に強くなり、日本向け輸出が拡大しました。

 

◆タイの通貨制度は?
タイは、経済成長にともない設備投資などの資金需要をまかなうために、高金利政策を採用して海外からの資本流入を促していました。

 

タイは事実上のドル・ペッグ制をとっていたことから為替リスクが少なく、海外投資家にとってもタイの高金利は魅力的だったのです。

 

こうしてタイ経済は、円高バーツ安による輸出需要と高金利による海外資本の蓄積という2本の柱で支えられていたのです。

 

しかしながら、1995年4月のG7で「秩序ある反転が望ましい」という声明が発表され、ドル買いの協調介入が行われました。

 

これにより、それまでの円高基調は、1ドル79.75円で天井を打つと円安に反転し、1997年5月には、1ドル127円まで円が売られました。

 

当然、タイバーツもドルに連動していましたから、円安タイバーツ高となったのです。

 

◆タイのバブル崩壊
これまで順調に成長を続けてきたタイ経済は、円安タイバーツ高となってからは、すべてが反対に進んでいきました。

 

タイの輸出競争力は弱まり、10年間2桁成長を続けてきた輸出はマイナスとなり、わずか2年間でタイの貿易収支赤字が大幅に拡大していったのです。

 

また、不動産価格も下落に転じ、バブル崩壊が鮮明になりました。これによりタイに流入していた外国資本の引き上げが始まりました。

 

低い金利でドルを借りて高金利のバーツを運用していた外国人投資家が、一斉にバーツ売りに転じたのです。

 

◆タイの変動相場制への移行
そして、これを買い支えきれなかったタイ政府と中央銀行は、やむを得ず変動相場制に移行したのです。

 

これによりバーツは急落し、このタイの通貨危機は、他のASEAN諸国や韓国にも飛び火し、日本でも大手金融機関が次々に破綻する状況に追い込まれていったのです。

 

スポンサーリンク

対円の通貨ペアではリスク分散にならない

FXを始めて間もない頃というのは、米ドル/円やユーロ/円のみを取引するケースが多いようです。また、高金利であるということで、豪ドル/円やNZドル/円なども人気が高いようです。

 

しかしながら、それらの通貨ペアですと、諸外国の通貨は対円で上昇下降を繰り返しているわけですから、分散投資をしているつもりでも、実は日本国内の大きな要因一つがレートを直撃し、円の全面高や全面安といった状況になりかねません。

 

アメリカ国内の要因によって相場が大きく変動したとしても、「米ドル/円」のレート変動に、ある程度つられるようにして「ユーロ/円」も似たような動きを見せます。

 

よって、例えば、米ドル/円とユーロ/円の2ペアでしか取引していない場合には、リスクを分散しているとはいえないのです。そこで、ユーロ/ドルを取り入れることをお勧めします。

 

◆ユーロ/ドルと取り入れるとどうなるのですか?
日本円ばかりの通貨ペアですと、それぞれの値動きが連動しやすいですし、日本円に左右されますので、リスク分散の観点からみるとあまり有効ではありません。

 

これに、日本円がからまないユーロ/ドルの通貨ペアを追加することで、リスク分散を徹底することができるようになります。

 

なお、ユーロ/ドルは、世界で最も取引量の多い通貨ペアですから、売買するしないにかかわらず、常にチェックしておく必要があります。

FXにユーロ/ドルが必要な理由は?

「ドル/円」や「ユーロ/円」が方向性に乏しく、今後の予想を立てにくい時期でも、「ユーロ/ドル」でははっきりとしたトレンドを描いている局面は多くあります。

 

日本国内にいますと、ユーロが対ドルで上昇しようが下落しようが、普段はあまり関心が向きません。

 

しかしながら、FXで儲けようと思ったら、「ユーロ/ドル」という通貨ペアのチェックは絶対に欠かせないものといえます。

 

これは、「ユーロ/ドル」が、世界の二大主要通貨間のレートであり、最も取引量が多いからです。

 

よって、日本円と世界の通貨という組合せのみに集中して勝負するという戦略でももちろんよいのですが、売買するしないに関わらず、「ユーロ/ドル」の動向については、常にチェックするクセをつけるようにしたいところです。

 

意識してみていると、そのうち「ユーロ/ドル」のレートが対円に及ぼす影響の大きさにも気づくようになると思います。

 

ちなみに、「米ドル/円」や「ユーロ/円」が動かない、あるいははっきりしないという時であっても、「ユーロ/ドル」という選択肢を取り入れていれば、収益機会が格段に増えますので、投資スタンスもおのずと変わってくると思われます。

会社員がトレードするのに最適な時間帯は?

為替市場というのは24時間動き続けており、特に、日本では夜にあたる時間帯が、欧米市場では最も活発に動くタイミングになっています。

 

これは、日中トレードに参加できない会社員にとっては、ぴったりな環境といえます。

 

特にNY市場が動き出すのは、日本時間の午後9時頃(冬時間は10時頃)ですので、会社から帰ってきてから、自分のパソコンでダイナミックな為替の動きに接することが可能です。

 

また、米ドルがらみのレートが急変するのは、この時間帯であることが多いので、超短期で利益を狙いにいく戦略も有効になります。

 

◆会社員でない人の場合は?
もちろん、職種によって家にいられる時間帯は異なってくると思いますが、それでも午前中でしたら東京市場が大きく動いてくれますし、夕方があいている人の場合でしたら、ちょうどロンドン市場が活発化している頃です。

 

なお、超短期でデイトレードをしたい人の場合でしたら、自分の生活サイクルに合わせて、特定の市場を狙い撃ちにするのも面白いかもしれません。

 

こうしたことがFXの面白さであり、醍醐味でもあるのです。

 

◆為替市場は深夜に動く
為替市場は、日本時間の深夜に動きやすいです。

 

これは、ニューヨーク市場が始まる夜9時頃から活発に動くためで、この時間帯でしたら、日中レートをチェックできなくても利益を狙いやすいです。

 

また、ロンドン市場が開いている深夜2時頃までは、特に盛況を見せていますので、1日のうち、一定の時間帯だけに的を絞った短期トレードも有効な戦略といえます。

世界の主要市場が開いている時間は?

次のように、24時間のうち、ほとんどの時間帯で世界の主要市場が開いていますので、どのような生活サイクルでもFXは参加可能です。

 

<朝>
■東京市場 ⇒ 朝8時前後〜

 

<夕方>
■欧州市場 ⇒ 夕方4時前後〜

 

<夜>
■ニューヨーク市場 ⇒ 夜9時前後〜

 

よって、、自分の自由のきく時間帯に合わせて、自分にとって主戦場となる取引市場を持つことができます。

くりっく365とは?

くりっく365というのは、2005年7月1日より東京金融取引所に上場されている金融商品で、くりっく365取扱業者が販売しています。

 

◆くりっく365の特徴は?
くりっく365の特徴としては、次のようなことがあげられます。

 

■業者が破綻しても、顧客が取引所に預託した証拠金は全額保証されること
■公設の取引所で行う為替の取引所取引であること
■利益額に関係なく税率が一定であること

 

スポンサーリンク