FXの取引期限と自動売買〜/悪徳業者の見分け方は?

FXには取引期限はありますか?

FXには取引期限に制限はありません。よって、不利な時期にわざわざ決済する必要もありません。また、レバレッジを低くして、スワップポイントを狙った中長期の投資も可能です。

 

◆先物取引の決済期限は?
商品先物取引では、各銘柄に対して、決済期限が決められています。ちなみに、この決済月のことを限月(限月)、決済月の最終日のことを納会(のうかい)といいます。

 

利益が出ていようがいまいが、納会を迎えた銘柄は決済しなければなりません。

 

しかしながら、先物取引は、決済期限から遠い銘柄(先限)よりも、決済期限が近づいた銘柄(期近)の方が、取引は活発になる傾向にあります。

 

なので、「もう少し待って相場が盛り返したら損を取り戻せたかも…」とか、「もう少し粘れば利益が増えたのに…」といったケースも想定されます。

FXの取引期限は?

FXには取引期限はありません。FXの場合は、ロールオーバー方式が採用されていますので、自動的に決済を繰り延べ、ポジションを維持・継続できるようになっています。

 

なので、反対売買をしない限り、長期間ポジションを保有し続けることもできます。

 

つまり、ポジションを保有してその日のうちに決済する「デイトレード」も可能ですし、じっくり中長期でポジションを保有してスワップポイントを狙うことも可能です。

 

ただし、証拠金を追加しなければならないほどの為替差損は出さないように、リスク管理することは必要です。

 

とはいえ、FXでしたら、わざわざ損失が生じる時期に無理に決済しなければならないということはありません。また、取引内容によっては、スワップポイントも受け取ることが可能です。

 

多少の損失であれば、スワップポイントを受け取りながら、好機を待つこともできます。

 

スポンサーリンク

FXの自動売買とは?

FXの自動売買というのは、24時間常に変動している為替相場に対して、個人投資家でも売買のタイミングを逃さないように開発された機能です。

 

自動売買は、株式投資でもできるようになってきましたが、もともとはFXから発展した機能です。

 

具体的には、あらかじめ「1ドル=110円になったら買う」あるいは「1ドル=110円になったらドルを買って、その後115円までドル高になればドルを売って利益を確定する、または、108円方向にドル安になれば、ドルを売って損失を限定させる」というように、利益確定や損切りを自動で管理します。

 

◆自動売買のメリットは?
自動売買のメリットとしては、売買する通貨ペアはもちろん、注文する値段や決済する値段までも、自分の希望が出せることがあげられます。

 

これは、忙しい投資家にとってはもとより、それほど忙しくない人であっても、四六時中パソコンに向かっているのは不可能なわけですから、非常に魅力的な機能といえます。

 

このように、自動売買は、忙しい時や寝ている時でも、利益確定や損切りがタイミングよくできますので、積極的に活用したいところです。

 

◆自動売買を使った利益確定と損切り
FXでは、自動売買機能を使って利益確定や損切り注文を入れておけば、仕事をしていても、睡眠中でも自分が希望する取引をすることができます。

 

また、為替相場が思惑と反対に動いてしまったとしても、損失を最小限に抑えることができます。自動売買の魅力は、この損切り値段設定機能にあるといっても過言ではありません。

 

というのは、投資家は、思惑と反対に相場が動いて損が発生すると、「もう少し待てば戻ってくるかもしれない」と、自分に都合のよい方向に考えて、損切りができないことが多いからです。

 

しかしながら、あらかじめ損切りの値段を決めておけば、その値段に達したところでポジションが決済されてしまいます。つまり、パソコンが自分の代わりに思い切って損切りを行ってくれるのです。

 

◆自動売買の種類は?
自動売買には、次のようなものがあります。

 

■IFD(if done)注文
・注文値段と決済値段が決められます。

 

■OCO(One Cancel the Other)注文
・2通りの注文値段と決済値段が決められます。

 

■IFO(IFD+OCO)注文
・IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法で、IFDOCOともいいます。

 

なお、現在は、ほとんどのFX会社でこれらの自動売買ができるようになっています。

 

ただし、なかには、IFDとOCOのみのFX会社もありますので、口座を開設する前に確認するようにしてください。

利益確定とは?

利益確定というのは、「利食い」ともいい、相場が思惑通りに動いて、保有しているポジションに評価益が出ているときに、一旦決済して利益を確保することをいいます。

 

◆損切りとは?
損切りというのは、相場が思惑と反対に動いて、保有しているポジションに評価損が生じてしまったときに、損が出るのを覚悟で決済してしまうことをいいます。

 

◆利食い・利益確定とは?
利食い・利益確定というのは、保有しているポジションが、すでに含み益が出ている状態で反対売買を行い、取引を終了させて利益を得ることをいいます。

 

例えば、ドル/円を1ドル=100円で買って、その後ドル高が進んで1ドル=105円になったところで決済する場合などがこれに該当します。

 

◆両建てとは?
両建てというのは、既存のポジションは決済しないで、同時期に反対のポジションを持つことによって、その後の相場の変動による損失の拡大を、一時的に防いでおこうとする行為のことです。

 

この両建ては、分散投資や鞘取りなどで用いられます。

FXは外貨預金より取引手数料が安い?

FXは取引手数料が安いのも魅力です。外貨預金では、一般的に取引ごとに1ドル当たり1円※の取引手数料がかかります。

 

取引ごとなので、銀行口座に預ける時に1円、引き出す時にも1円、往復で合計2円がかかります。例えば、1ドル=100円のときに1万円をドル預金するとします。

 

まず、1万円をドルに交換しますと100ドル(1万円÷100円=100ドル)になりますが、ここで1ドル当たり1円の手数料がかかりますので、1万円(100ドル)につき100円差し引かれ99ドル預金することになります。

 

その99ドルを引き出すとに、1ドル=103円になっていれば、10,094円(98ドル×103円)と94円の利益になります。

 

ここで気づいてほしいのは、3円もドル高になったのに、わずか94円しか利益にならないということです。逆に言えば、2円を超えるドル高になっていないと、元本割れしてしまうのです。

 

ちなみに、一気に3円もドル高になることはそれほど多くありません。つまり、外貨預金では、多少ドル高になったくらいでは利益は出にくいのです。

 

一方、FXの手数料は、1ドル当たり10銭程度のところが多いようですから、例えばドルを買って、20銭以上のドル高になったところでドルを売れば、利益を確保できます。

 

※銀行や金融商品によって異なります。

 

スポンサーリンク

スプレッドという手数料

FXの手数料について、FX会社を比較する際には、スプレッドに注意したいところです。

 

スプレッドというのは、ビッド(買値)とアスク(売値)の差のことですが、当然、スプレッドが小さいほど顧客にとっては有利になります。逆に、スプレッドが大きいと顧客にとっては不利になります。

 

例えば、次のレートで1ドルを買うことを考えます。

 

■A会社 ⇒ 100円(ビッド)−105円(アスク):スプレッド5円
■B会社 ⇒ 100円(ビッド)−110円(アスク):スプレッド10円

 

1ドルをA会社から105円で買った人は、それを100円で買い戻してもらえます。しかし、B会社から110円で買った人も、同じ100円でしか買い戻してもらえません。

 

つまり、B会社の方が余計に手数料を取っているということです。よって、スプレッドの小さい方が、顧客にとっては有利になりのです。

 

FXは取引手数料が安いのが魅力ですが、たとえ取引手数料が安くても、スプレッドが大きいと、トータルでは取引コストが高くつきますので注意が必要です。

FX会社選択の重要性

FX投資は、日本の銀行預金より、さらには外貨預金など従来の投資手法よりも高い利益が得られる可能性があります。

 

ただし、それはあくまでも適切なFX会社を選択した場合でのことです。

 

FX会社の選択を誤ると、儲かるどころか、証拠金さえも戻ってこないことにもなりかねませんので、悪徳業者と取引することだけは絶対に避けたいところです。

 

FX会社には、証券系、商社系、先物取引系、独立系がありますが、証券系、商社系、先物取引系については、外為取引を始める前の評判や実績なども判断基準のひとつになります。

 

独立系については、実績、信頼性ともに高い企業がある反面、悪徳業者といわれる業者も多く存在しますので、特に注意が必要です。

 

◆悪徳業者の見分け方は?
次のような業者は、悪徳業者である可能性が高いですので、避けた方が無難です。

 

■手数料が異常に高い。
■「絶対に儲かります」などと営業社員が言う。
■勧誘が強引であったり、リスクの説明がなされなかったりする。
■証拠金の預け先についての明示がない。
■無断売買を行ったり、出金(決済)を渋ったりする。

 

◆FX会社選択のポイントは?
FX会社を選択する際には、次のような事項についてチェックするようにしたいです。

 

■最低証拠金(保証金)の金額 ⇒ 金額とレバレッジをチェックします。
■取引手数料 ⇒ スプレッドも確認します。
■取引単位 ⇒ FX初心者の場合は、小さい単位まで可能な業者か確認します。
■スワップポイント ⇒ 支払いサイクルも確認します。
■取扱通貨ペア ⇒ スワップ狙いなら、代表的な高金利通貨があるかをチェックします。
■取引環境の充実度 ⇒ 利用できるチャートや取引方法の数も確認します。
■顧客の資産管理の状況 ⇒ 信託保全の有無をチェックします。
■自己資本規制比率の余裕 ⇒ 200%以上の業者を選びたいところです。
■カバー先金融機関の信用性 ⇒ 格付けもチェックするようにします。
■会社の信頼性 ⇒ 不招請勧誘する業者は避けた方が無難です。

最低証拠金(保証金)のチェックとは?

FX会社の最低証拠金(保証金)の金額は、自己資金で余裕を持って出せる範囲の金額であるかどうかをチェックします。

 

最低証拠金が安いほど取引は始めやすいですが、レバレッジが高くなれば、それだけハイリスク・ハイリターンになるということですから、注意も必要になります。

 

◆FX会社の取引手数料のチェックとは?
サービスが同じであれば、取引手数料は安いに越したことはありません。ちなみに、デイトレードを行う場合は、片道あるいは往復の手数料が無料という会社もあります。

 

また、取引手数料だけでなく、スプレッド(売値と買値の差)についてもチェックするようにしたいところです。

 

というのは、取引手数料がいくら安くても、このスプレッドが大きかったり提示がなされない場合には、かえって取引コストが高くついてしまうこともあるからです。

 

◆FX会社の取引単位のチェックとは?
取引単位については、FX会社の多くは、1万通貨単位のようですが、中には1千通貨単位から取引可能なところもあります。

 

これについては、自己資金との兼ね合いで判断したいところです。

 

◆FX会社のスワップポイントのチェックとは?
スワップポイントは、FX会社によって微妙に異なりますので、実際に各社のウェブサイト等で確認するようにしたいです。

 

また、FX会社によっては、毎日口座に加算してくれるところと、長いところでは1か月ごとにしか加算してくれないところもありますので、この点についても確認が必要です。

FX会社の取扱通貨ペアのチェックとは?

ドル/円、ユーロ/円などを取り扱っている会社は多いですが、それ以外の通貨は取り扱っていない会社もあります。

 

とくにスワップポイント狙いの場合は、高金利通貨である、豪ドル、ニュージーランドドル、英ポンドなどを取り扱っているか確認するようにしましょう。

 

◆FX会社の取引環境の充実度とは?
FXでは24時間のネット取引が当たり前となっていますが、投資家にとっては、様々な面でサポートしてもらえるシステムでなければ、良好な取引環境とは言いがたいです。

 

よって、FX会社を選択する際には、利用できるテクニカルチャートの数や注文方法・決済方法なども、豊富で利便性の高いところを選ぶようにしたいです。

 

また、多くのFX会社では、無料でバーチャル取引が利用できるようになっていますので、実際に取引を開始する前に試してみるのもよいと思います。

カバー先金融機関の信用性とは?

FX口座の開設の際には、カバー先金融機関の格付などもチェックしておきたいです。

 

というのは、どれだけFX業者がしっかりしていても、カバー先の信用性が低い場合には意味がないからです。

 

特に、顧客の取引資産をカバー先金融機関に預託している場合はなおさらです。

 

◆カバー先金融機関とは?
カバー先金融機関というのは、FX会社が「カバー取引」を行う相手先のことです。

 

また、「カバー取引」というのは、顧客の取引に伴い発生する取引業者自身の為替変動リスクを解消するために、そのFX会社が独自に金融機関とFXを行い、顧客と逆のポジションを持つことによって、為替リスクを相殺するという趣旨のものです。

 

スポンサーリンク