移動平均線の有効な使用方法は〜/為替相場に影響を与える経済指標は...

逆張りとは?

逆張りというのは、相場が下降方向にある時に買い、上昇方向にある時に売ることをいいます。

 

◆順張りとは?
順張りというのは、相場が相場が下降方向にある時に売り、上昇方向にある時に買うことをいいます。

サポートラインとレジスタンスライン

サポートラインは下値支持線ともいい、相場がその線で止まれば反転し、上昇に転ずるとされるレベルのことをいいます。

 

レジスタンスラインは上値抵抗線ともいい、レートがその線で上げ止まれば反転し、下落に転ずるとされるレベルのことをいいます。

 

このサポートラインとレジスタンスライというのは非常に重要で、特に外国為替市場は流動性が極めて高いマーケットなので、大勢の投資家がそれを見て売買の判断を下しているケースが多いです。

 

ちなみに、サポートラインとレジスタンスライは、中長期取引でも、あるいは超短期取引でも有効な考え方であるといえます。

RSIの効果・デメリットは?

RSIの効果・デメリットは、次のとおりです。

 

■RSIの効果 ⇒ RSIは買われすぎ、売られすぎを判断する指標です。
■RSIのデメリット ⇒ RSIで売られすぎの水準にあったとしても、その後、必ず上昇するとは限りません。
■有効な使い方 ⇒ RSIはトレンドが横ばいのときに使うと効果的です。

 

◆移動平均線の効果・デメリットは?
移動平均線の効果・デメリットは、次のとおりです。

 

■移動平均線の効果 ⇒ ゴールデンクロス、デッドクロスで買い場、売り場が判断できます。
■移動平均線のデメリット ⇒ ゴールデンクロス、デッドクロスが現れるのが遅いです。
■有効な使い方 ⇒ 買い増し、売り増しの判断指標として使うと効果的です。

 

◆ローソク足とは?
ローソク足というのは、価格の動きをグラフ化した時系列系チャートのひとつです。

 

1本の足に始値、高値、安値、終値の4つの値が示され、始値より終値が高いか(白地)、安いか(黒地)を表示します。

 

一本の足で相場の強弱を、2本以上の足の組み合わせによって相場のトレンドを見ます。

 

◆チャートとは
チャートというのは、価格の動きをグラフで表したもの、罫線のことをいいます。チャートには、大きく分けて時系列式罫線(一目均衡表など)と非時系列罫線(かぎ足など)があります。

 

◆チョッピーとは?
チョッピーというのは、相場が明確な方向感なく不規則に動くことをいいます。

 

スポンサーリンク

テクニカル分析で重要なのは?

テクニカル分析で重要なのは、どれだけ多くの市場参加者が見ているのかということになります。相場というものは、大勢の市場参加者がいて初めて形成されるものだからです。

 

つまり、多くの人がここがチャートのポイントだと考えていることを、自分自身が知っていることが重要なのです。

 

よって、テクニカル分析を行う場合には、多くの人が見ているようなツール、あるいは誰が見てもここがサポートラインであろうというポイントを常に意識したうえで、チャートやサポートラインを見ていくことが必要になります。

 

例えば、多くの市場参加者が、1ドル=105円をチャートポイントであると見ていたとすると、105円の手前では買う人もでてきますが、105円を割り込んだ途端に、売り圧力が一気に高まると考えられます。

 

◆テクニカル分析の得手、不得手
テクニカル分析には様々なツールがありますが、それぞれ得手、不得手があります。

 

例えば、RSIという、買われすぎ、売られすぎを見るためのツールがありますが、トレンドが明らかに下向きになっている時には、いくらRSIが20%を下回ってきたから売られすぎだといって買いに動いたとしても、損失が拡大する一方になる可能性が高いです。

 

また、移動平均線についても、ゴールデンクロスが現れたので買いだ、デッドクロスが現れたので売りだといっても、移動平均線でゴールデンクロスやデットクロスが現れるのは、実際の相場に対して遅れ気味になります。

 

例えば、ドル売りトレンドになって半年くらい経過してから、ようやくデッドクロスが現れるというように、どうしても遅れることになります。

 

なので、これを売りシグナルと考えるには、かなり厳しいと思われます。

 

よって、移動平均線はシグナルが出るのは遅いということを理解したうえで使う必要があります。ちなみに、為替の月足チャートの場合ですと、通常8か月程度のタイムラグが生じます。

移動平均線の有効な使用方法は?

移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスは、実際の相場に対しては遅れ気味なので全然使えないのかというと、そんなことはありません。

 

移動平均線の実践的な使用方法としては、例えば最初のポジションで10ある資金のうち5を買ったとします。そして、思惑通りに相場が上昇してきたとします。

 

当然、次に考えるのは、残りの5も買ってしまいたいなということになるのですが、このような買い増しを行う場合に、遅れてゴールデンクロスが現れたところで、新たに5を買うという決断を下せばよいのです。

 

このようなポジションを増加させる際に判断材料になるのが、ゴールデンクロスやデッドクロスの有効な使い方です。

 

◆買い増しと売り増しのルールは?
買い増しや売り増しというのは、非常に難しいものなので、自分なりのルールを作っておくことが大切です。

 

つまり、こういうシグナルが出たらこうしようというシナリオを描いておくということです。

 

そういった意味では、例えば早めにシグナルが出るツールと、遅れて出るツールとを組み合わせることによって、まず早めに出るシグナルで最初のポジションを取り、遅れて出るシグナルで買い増し、売り増しのポジションを取る、というのが有効な戦略といえそうです。

 

スポンサーリンク

ポートフォリオとは?

ポートフォリオというのは、個々の経済主体(企業・個人)が保有している金融資産の集合体のことをいいます。

 

◆ポジションとは?
ポジションというのは、保有している売り買いの持ち高のことをいいます。また、ポジション調整というのは、保有する持ち高を減らすために、一部を決済することをいいます。

為替相場に影響を与える経済指標は?

毎日、様々な経済指標が発表されていますが、外国為替市場では、基軸通貨である米国の経済指標が最も注目されています。

 

もちろん、日本の経済指標が為替レートに影響を与えるケースもありますが、影響の大きさで考えると、やはり米国の経済指標に勝るものはないといえます。

 

といっても、米国の経済指標にはさまざまな種類があり、ニュースなどで取り上げられる代表的なものとしては、次のようなものがあります。

 

■雇用統計
■経済成長率
■住宅関連統計
■個人消費関連統計

 

ちなみに、住宅関連統計は、近年、サププライムローン問題で住宅バブルが崩壊したと言われていることもあり、また、その動向が米国経済そのものに大きな影響を与える可能性があるため、非常に注目されています。

 

なお、その時々により、市場参加者の関心というのは変わっていきますので、現在、市場参加者がどの経済指標に最も関心を寄せているのかを把握しておくことが重要です。

 

◆米国の雇用統計の注目度は?
米国はGDPの約7割を個人消費が占めるといわれる消費大国です。

 

なので、雇用統計の数字が悪化すると個人消費低迷のサインとみなされ、米ドル売りが強まることがあるので注意が必要です。

 

◆経済成長率とは?
経済成長率というのは、経済がどのくらいの率で伸びているのかを示す経済指標のことです。具体的には、GDP(国内総生産)の前年比伸び率のことをいいます。

 

この経済成長率の伸び率が高いほど、その国内で生産されている財やサービスが増えているということを示しますので、それだけ経済が大きく拡大していることを意味します。

 

ただし、経済成長率は、一国の経済成長のスピードを見るうえでは重要な指標になるのですが、公表が四半期ベースですので、速報性という観点からは若干劣ります。

 

よって、他の速報性の高い経済指標と併用して見ることが望ましいといえます。

 

◆ISM指数とは?
ISM指数というのは、全米供給管理協会が発表するアンケートによる景況指数のことで、製造業指数と非製造業指数があります。

 

このISM指数は、パーセンテージで示されますが、50%を分岐点として50%を上回れば生産活動拡大、下回れば生産活動縮小と判断されます。

政策金利の決定とは?

米国ならFOMC(連邦公開市場委員会)、日本なら日銀政策決定会合、欧州ならECB(欧州中央委員会)理事会が、政策金利を決定する重要な会議となります。

 

この会議では、公定歩合などの政策金利を上げるのか、下げるのか、それとも据置きにするのかといったことが決められます。

 

◆各国中央銀行の政策会議の開催時期は?
米国のFOMCは、年8回行われますが、基本的には6週間ごとの火曜日に開催されています。

 

また、日銀金融政策決定会合は毎月2回、ECB理事会は毎月1回開催され、金融政策について話し合われます。

 

このような会議が行われた後には、金融政策の動向についての公表がなされますが、この公表と同時に、為替レートが大きく動くことがありますので、注意が必要です。

 

なお、ここをうまく捉えることによって、利益を得ることも可能です。

 

ちなみに、たいていのケースでは、事前に金融政策の結果が織り込まれますので、急激な動きは起こりにくいのですが、サプライズ的な利下げ(or 利上げ)が行われた時などは、大幅にレートが動きます。

 

◆政策金利とは?
政策金利というのは、各国の中央銀行が民間金融機関などに資金を融資する際に適用する金利のことをいいます。

 

政策金利の代表的なものとしては、公定歩合がありますが、その国のあらゆる金利のベースになるものです。

 

また、日本では無担保コール翌日物という、融資期間1日の超短期金融取引に適用される金利が、日銀の金融政策を実行するうえで誘導目標となることから、やはり政策金利の1つとみなされています。

 

これらの金利が動くと、銀行預金や融資金利などが変動します。

 

◆日米金利差とは?
日米金利差というのは、日本と米国の金利格差のことです。また、日米金利差は、為替レートの動きを見るうえでも重要な判断材料になります。

 

基本的には、日米金利差が拡大すると米ドル買いに、反対に日米金利差が縮小すると米ドル売りにつながります。

 

ただし、注目材料というのはその時々で変わっていきますので、必ずしも日米金利差がマーケットで材料視されるとは限りません。

 

ちなみに、かつては日本の経常黒字が材料視されたこともあり、その時は日米金利差はそれほど材料視されませんでした。

FOMCとは?

FOMC(Federal Open Market Committee)は、米国の連邦公開市場委員会のことで、FRS(連邦準備制度)の金融政策に基づく公開市場操作※の方針を決定する機関のことです。

 

FOMCは、FRBの理事7名、ニューヨーク連銀総裁1名、地区連銀総裁4名の合計12名で構成されており、少なくともおよそ6週間ごとに年8回、火曜日(2日間の場合は水曜日にまたがります)に定例会合を開催し、3週間後に議事録を公表しています。

 

※マネー・サプライの調節、金利・為替レート誘導などです。

 

◆FRSとは?
FRS(Federal Reserve System)は、連邦準備制度のことで、1913年に、連邦準備法により設立された米国の中央銀行システムのことです。また、FRSは、次のものの総称です。

 

■連邦準備制度理事会
■連邦公開市場委員会
■連邦準備銀行

 

◆FRBとは?
FRBは、米国の連邦準備制度理事会のことで、FRSの運営機関です。FRBは、7名の理事で構成され、議長と副議長は大統領の指名によって決まります。

 

なお、FRBは、全米に12ある連邦準備銀行を統括し、金融政策の変更、金融行政の遂行を行います。

 

◆公定歩合とは?
公定歩合というのは、中央銀行が、民間金融機関に資金を貸し出す際に適用される基準金利のことをいいます。

 

公定歩合は、政策金利のひとつであり、公定歩合の変更は、中央銀行の金融政策のなかで最もオーソドックスな方法です。

サブプライムローン問題とは?

サブプライムローンというのは、米国の低所得者向け住宅ローンのことです。

 

このサブプライムローンは、通常の住宅ローンよりも融資金利は高いのですが、折からの住宅価格の上昇により、それを見越して融資残高が増加しました。

 

しかしながら、その後の住宅価格の下落と米金利の上昇によって、返済不能に陥る個人が増加し、その結果、証券化されたサブプライムローンが紙切れになるリスクが浮上し、それを買った金融機関や投資ファンドなどが経営不振に陥りました。これがサブプライムローン問題です。

 

スポンサーリンク