リフレクティングと利乗せ〜/FXの利益にかかる税金〜/トルコリラ、ノルウェークローネ...

リフレクティングとは?

リフレクティングというのは、利益が出たらその都度ポジションを手仕舞いつつ、買い上がる方法のことをいいます。

 

このリフレクティングは、より安全性を重視したい場合に使います。

 

ちなみに、リフレクティングの場合は、買い上がるほどに取るポジションも減らしていきますので、スケールダウンと比較すると、相場が反転した時に受けるリスクの度合いは小さく抑えることができます。

利乗せとは?

トレンドに乗るトレードの場合には、いかに利益を伸ばすことができるかが重要になります。

 

また、最初にとったポジションに利益が発生し、さらに同じトレンドが続きそうな場合に、いかにしてポジションを積み上げ、利益の最大化を狙うかということが利乗せのポイントになります。

 

ただし、利乗せは、ポジションを積み上げた時点でアゲインストになれば、損失が拡大するので、リスクコントロールが大切です。

 

◆損失を確定させることが大切
相場というのは、上がったり下がったりを繰り返していますので、自分の思惑通りに相場が動くという保証はありません。

 

自分の思惑と反対の方向へ相場が動く場合には、損失がどんどん膨らんでしまい、最終的には強制ロスカットという状態に追い込まれてしまうおそれもあります。

 

また、ここまで損失が膨らんでしまいますと、リカバリーも困難となってしまいますから、大損する前に、できるだけ早く損失を確定させることが重要です。

 

つまり、強制ロスカットをされる前に、あらかじめ自分でロスカットレベルを決めておいて、そこに達してしまったらとにかく損失を確定させてしまうのです。

 

含み損を抱えている多くの投資家に多いのが、「もうしばらくすれば、買ったレベルまでは戻ってくるはずだ」という根拠のない期待感を抱いてしまうことです。

 

しかしながら、こうした期待がかなうケースというのは稀です。

 

特にレバレッジをかけて投資している場合には、損失額はどんどん膨らんでいきますので、強制ロスカットになるリスクは非常に高くなります。

 

よって、自分がこれ以上の損失は耐えられないというところで、ロスカットをするように心掛けることが大切です。

 

スポンサーリンク

ロスカットした後は?

FXにおいてロスカットをして損失を確定させた後は、なぜ、損失を被るようなトレードをしてしまったのかということを検証しなければなりません。

 

これをしないで、そのまま漠然と次のトレードを行ってしまうと、またそこで同じような失敗を繰り返してしまうからです。

 

なので、トレードノートに記録するようにしましょう。トレードノートには、簡単なメモ書き程度で構いませんので、次のようなことを記録しておきます。

 

■いつ買ったのか(売ったのか)
■いくらで買ったのか(売ったのか
■どの時点で決済したのか
■ポジションを取った時の理由
■ポジションを決済した時の理由
■利益になったのか、損失になったのか

 

このトレードノートに記録していくことを繰り返していきながら、時々読み直すようにすると、自分の失敗例などが頭に入ってきますので、次のトレードでは同じ失敗をしないように気をつけるようになります。

 

◆強制ロスカットとは?
強制ロスカットというのは、ストップロスともいい、損失が一定規模に達すると、強制的に取引が清算されることをいいます。

 

この強制ロスカットが執行される水準というのは、FX会社によっても異なりますが、損失が膨らんだ状態で取引が清算されるので、預けた証拠金の大半が毀損することになります。

 

よって、強制ロスカットまで損失を引きずらないことが大切です。

 

◆ロスカットレベルとは?
ロスカットレベルというのは、リスクコントロールの1つで、自分自身でロスカットするポイントのことをいいます。

 

ロスカットレベルは、あらかじめ決めておいて、その水準に達したらとにかく損切りすることが重要です。具体的なロスカットレベルは人それぞれの考え方により異なります。

 

例えば、預けた証拠金に対して、損失額が5%とか10%に達した時点で損切りの注文を入れるなど、自分独自のルールを決めておくことが必要になります。

 

◆見通しとは?
FXで外貨のポジションを保有する場合に、それが買いポジションであれ、売りポジションであれ、自分自身でしっかり相場見通しを立てることが大切です。

 

とはいえ、相場見通しというのは、どんなに慎重に考えたとしても、はずれることもあります。

 

よって、見通しがはずれたときでも冷静に対処できるように、余裕を持たせた資金量で取引することが重要です。また、ロスカットも含めたリスクコントロールをきちんと行うことも重要です。

OCO注文とは?

OCO注文というのは、2つの注文を同時に出し、一方の注文が成立した場合には、他方の注文が自動的に取り消される注文のことです。

 

例えば、1ドル=105円でドルを買ったとしたら、1ドル=110円の利益確定売りと、1ドル=102円の損失確定売りの両方の注文を同時に出します。

 

そして、この注文のいずれか一方の決済注文が約定された場合には、もう一方の決済注文は取り消しになります。

 

◆IFD注文とは?
IFD注文というのは、新規の売買注文を出しておくと同時に、その注文が約定したら、それを決済する注文の予約も同時に行うという注文方法です。

 

 

2つの注文が1セットになるので、キャンセルする際には、最初の新規注文が取り消されると、同時に決済予約も取り消しになります。

 

例えば、1ドル=100円のドル買い注文と、それが約定したら1ドル=102円でそのドルを決済するという注文予約を同時に入れるのです。

 

こうしておくと、夜中の時間帯で自分が就寝中であったとしても、その値段に到達すれば自動的に注文を成立させてくれます。

 

◆IFD−OCO注文とは?
IFD−OCO注文というのは、新規の売買注文の発注と、その注文が約定した場合にOCOの発注予約を同時に行う注文のことです。

 

2つの注文が1セットになるので、キャンセルする際には、最初の新規注文が取り消されると、同時に決済予約注文も取消しになります。

FXの利益にかかる税金は?

FXで得た利益というのは、為替差益とスワップポイントの両方をあわせて、すべて雑所得扱いになります。

 

よって、年収2,000万円以下の給与所得者で、他に雑所得がない場合には、年間20万円までのFXの利益については、申告は不要です。つまり、実質的に非課税扱いになります。

 

しかしながら、それを超えて利益が出た場合には、確定申告する必要があります。

 

具体的には、毎年1月1日から12月31日までに発生した利益を、翌年の2月16日〜3月15日の確定申告時期に申告することになります。

 

最近は、税務署のチェックも厳しくなっていますので、利益の出ている人はきちんと確定申告して納税するようにしてください。

 

◆FXの利益と給与所得との関係は?
雑所得として確定申告する場合には、自分の給与所得など他の所得と合算したうえで税額を算出します。

 

また、主婦の方などは、FXでかなりの利益が出ると、扶養控除対象者からはずれる可能性もありますので注意してください。

 

◆含み益とは?
含み益というのは、評価益とも呼ばれますが、為替相場が思惑通りに変動して、ポジションに未確定の利益が算定されている状態のことをいいます。

 

なお、含み益は、決済されるまではその利益は確定しません。

確定申告とは?

確定申告というのは、納税者が前1年間の所得税を計算したうえで、翌年の2月16日〜3月15日までの間に、税務署に確定申告をすることにより、納税する手続きのことをいいます。

 

サラリーマンなどの給与所得者の場合には、あらかじめ所得税については源泉徴収されているケースが多いですが、医療費控除などの各種控除を活用するために確定申告を行うと、払いすぎの税金が還付されるケースもあります。

 

◆FXでは確定申告不要の制度はないのですか?
株式の場合には、特定口座扱いにすると、確定申告する必要はありませんが、FXの場合には、こういった制度はありません。

 

なので、FXで得た利益については、必ず申告しなければならないというくらいに考えておいた方が無難です。

 

FXで利益が出たのにもかかわらず、確定申告しないでいて、後で追徴課税を受けると、ペナルティ分も含めて高い税金を納めなくてはならなくなりますので注意してください。

 

◆雑所得とは?
雑所得というのは、所得税の所得分類の1つです。この雑所得は、公的年金等や作家の講演料・原稿料に加え、金融商品における雑所得として、次のようなものが該当します。

 

■外国為替証拠金取引の収益
■外貨預金の為替差益
■利付債券の償還差益や売買益...など

 

ちなみに、雑所得は、他の所得と合算したうえで、総合課税の対象になるのですが、年間の給与所得が2,000万円以下で、年間の雑所得額が20万円以下の場合には、確定申告をする必要はありません。

 

◆FXで認められる経費は?
FXでは、次のような経費が認められる場合があります。

 

■通貨の売買にかかった取引手数料
■証拠金を振り込む際にかかった振込手数料
■通信費
■プロバイダ費用
■セミナー参加費用やその交通費
■筆記用具代金
■トレードに必要なパソコンの購入代金
■雑誌や新聞の購読料

 

ただし、上記の経費については、どこまでがFXの取引にかかった費用なのかということが、非常にあいまいなので、すべてが経費扱いになるとは限りません。

 

場合によっては、経費として認められないケースもあると思われますので、確定申告する前に、税務署などに相談するようにしてください。

 

スポンサーリンク

マイナー通貨とは?

マイナー通貨というのは、取引量の少ない通貨のことをいいます。

 

代表的なものとしては、トルコリラ、ハンガリーフォリント、ノルウェークローネ、メキシコ・ヌエボ・ペソ、ポーランドズロチなどがありますが、これらのマイナー通貨を取引する際には、特に注意が必要です。

 

取引量が少ないということは、相場に参加する人が少ないということですから、値動きは荒くなりがちです。

 

また、米ドルやユーロなどは、ニュースや新聞などで頻繁に取り上げられるのとは反対に、情報が手に入りにくいので、何かあった時に売り遅れてしまうリスクがあります。

 

つまり、何かが起きるとすぐに資金を引き上げられる可能性があるのです。

 

「売りたい」と思う時は、相場に参加している人のほぼすべてが思うわけで、少ない相場参加者が一斉に売り始めたら、売りが売りを呼んで、下落はさらに加速していきます。

 

よって、もしこうしたマイナー通貨を取引する場合には、全財産をつぎ込むのではなく、投資資金の一部に留めておくことが大切です。

 

なお、マイナー通貨の場合は、常に相場を監視するという姿勢も重要になります。

トルコリラの特徴は?

トルコの政策金利は非常に高いので、スワップ狙いの個人投資家に人気があります。

 

トルコ経済に関しては、2001年に経済危機が起きていますが、IMF主導で財政再建が行われたことにより、経済はV字回復しています。

 

また、トヨタをはじめトルコへ進出する製造業も増えています。ただし、トルコの政局は不安定ですので、注意が必要です。

 

最近では、2007年5月に、首都アンカラで爆弾テロ事件が起こっています。

ハンガリーフォリントの特徴は?

ハンガリーフォリントは、トルコほどではありませんが、高金利通貨として人気が高いです。

 

近年のハンガリー経済は、主要輸出国のドイツの景気回復が進んでいることから、堅調に推移しています。

 

ただし、財政赤字と経常赤字の双子の赤字を抱えていう点には、注意が必要です。

 

◆ノルウェークローネの特徴は?
ノルウェークローネは、先進国の中では比較的高金利です。

 

ノルウェーは、自然が豊かなので、漁業や林業が盛んですが、ロシアやサウジアラビアに次いで世界第3位の原油輸出国※という側面も持っています。

 

よって、原油高は、ノルウェー経済に大きくプラスの影響を与えます。

 

※OPECには加盟していません。

 

◆メキシコ・ヌエボ・ペソの特徴は?
メキシコ・ヌエボ・ペソも高金利通貨ですが、原油高は産油国であるメキシコにプラスに働きます。

 

また、メキシコは1994年の通貨危機の際に、IMFの支援により通貨は変動相場制に移行しています。

 

なお、メキシコはNAFTAの一員なので、アメリカとの関係は深いのが特徴です。ちなみに、リスク要因として政局があります。

 

◆ポーランドズロチの特徴は?
ポーランドは、質の高い労働力が魅力です。また、ポーランドは、2004年のEU加盟後も通貨統一が行われなかったことから、現在でもポーランドズロチが取引されています。

 

ポーランドズロチは、東欧の中では流動性が高く、政策金利も比較的高いので、スワップ狙いで長期保有する個人投資家もいるようです。

 

なお、ポーランドズロチの動きは、ユーロと似たような動きになります。

 

スポンサーリンク